メイン コンテンツをスキップする

サービス プロキシ認証のライセンス

このページ上

サービス プロキシ認証のライセンス

プロキシを使用して Qlik NPrinting ライセンス サービスとライセンス バックエンド間の通信を処理するときに、認証のレイヤーを追加できます。認証なしでライセンス サービス プロキシを設定するには、ライセンス サービス プロキシのセットアップ を参照してください。

プロキシの基本認証の設定

プロキシの基本認証を設定するには、次の手順を実行します。

  1. Qlik NPrinting ライセンス サービスを停止します。
  2. デフォルトで次の場所にある service.conf ファイルに移動します。

    %Program Files%\NPrintingServer\NPrinting\License\license.config

  3. 次の行のコメントを解除します。

    <!-- <add key="proxy-uri" value="https://localhost:8888" /> -->

    <!-- <add key="proxy-basic-authentication" value="true" /> -->

    <!-- <add key="proxy-username" value="username-without-domain" /> -->

  4. proxy-uriproxy-username の値を設定します。
  5. プレーン テキストのパスワードを使用するには、次のコメントを解除します。

    <!-- <add key="proxy-password" value="clear-text-password" /> -->

  6. proxy-password の値を設定します。
  7. 暗号化されたパスワードを使用するには (推奨) 次のコメントを解除します。

    <!-- <add key="proxy-encrypted-password" value="script-generated-password" /> -->

  8. powershell を開き、次の場所にあるパスワード暗号化スクリプトを実行します。

    %Program Files%\NPrintingServer\NPrinting\License\lEncrypt-Password.ps1

    次のコマンドを使用します。

    Encrypt-Password.ps1 -password clear-text-password

  9. コマンドからの出力をタグの value 属性として設定します。
  10. ファイルを保存して閉じます。
  11. Qlik NPrinting ライセンス サービスを再起動します。

構成例:

<appSettings>
<!--=========================================
ライセンス オプション
=========================================-->
<!--To be enabled if proxy tunneling is required-->
<add key="proxy-uri" value="https://localhost:8888" />
<!--NTLM authentication settings for proxy tunneling-->
<!--Enable Basic authentication-->
<add key="proxy-basic-authentication" value="true" />
<!--Enable NTLM authentication-->
<!-- <add key="proxy-ntlm-authentication" value="true" /> -->
<!--Domain for authentication-->
<!-- <add key="proxy-domain" value="windows-domain" /> -->
<!--Username for authentication (without domain)-->
<add key="proxy-username" value="myUser" />
<!--Encrypted password as generated by Encrypt-Password.ps1 -password [user password]-->
<add key="proxy-encrypted-password" value="ASDHJNCE243454NNJFWEJFJKFSD8U843RJKJCNDWC98RFNSDJVSKJDVR8UFVC9SJV09439FJSDJVOIHVSKV" />
<!--Clear text password, if encrypted version cannot be used-->
<!-- <add key="proxy-password" value="clear-text-password" /> -->
</appSettings>

プロキシの NTLM 認証の設定

  1. Qlik NPrinting ライセンス サービスを停止します。
  2. デフォルトで次の場所にある service.conf ファイルに移動します。

    %Program Files%\NPrintingServer\NPrinting\License\license.config

  3. 次の行のコメントを解除します

    <!-- <add key="proxy-uri" value="https://localhost:8888" /> -->

    <!--<add key="proxy-ntlm-authentication" value="true" />-->

    <!--<add key="proxy-domain" value="windows-domain" />-->

    <!-- <add key="proxy-username" value="username-without-domain" /> -->

  4. proxy-uriproxy-domainproxy-username の値を設定します。
  5. プレーン テキストのパスワードを使用するには、次のコメントを解除します。

    <!-- <add key="proxy-password" value="clear-text-password" /> -->

  6. proxy-password の値を設定します。
  7. 暗号化されたパスワードを使用するには (推奨) 次のコメントを解除します。

    <!-- <add key="proxy-encrypted-password" value="script-generated-password" /> -->

  8. powershell を開き、次の場所にあるパスワード暗号化スクリプトを実行します。

    %Program Files%\NPrintingServer\NPrinting\License\lEncrypt-Password.ps1

    次のコマンドを使用します。

    Encrypt-Password.ps1 -password clear-text-password

  9. コマンドからの出力をタグの value 属性として設定します。
  10. ファイルを保存して閉じます。
  11. Qlik NPrinting ライセンス サービスを再起動します。

構成例:

<appSettings>
<!--=========================================
ライセンス オプション
=========================================-->
<!--To be enabled if proxy tunneling is required-->
<add key="proxy-uri" value="https://localhost:8888" />
<!--NTLM authentication settings for proxy tunneling-->
<!--Enable Basic authentication-->
<!--<add key="proxy-basic-authentication" value="true" />-->
<!--Enable NTLM authentication-->
<add key="proxy-ntlm-authentication" value="true" />
<!--Domain for authentication-->
<add key="proxy-domain" value="domain" />
<!--Username for authentication (without domain)-->
<add key="proxy-username" value="user" />
<!--Encrypted password as generated by Encrypt-Password.ps1 -password [user password]-->
<add key="proxy-encrypted-password" value="ASDHJNCE243454NNJFWEJFJKFSD8U843RJKJCNDWC98RFNSDJVSKJDVR8UFVC9SJV09439FJSDJVOIHVSKV" />
<!--Clear text password, if encrypted version cannot be used-->
<!-- <add key="proxy-password" value="clear-text-password" /> -->
</appSettings>