メイン コンテンツをスキップする

管理設定

管理者は、Qlik NPrinting web console の [管理] > [設定] ページから多くのコンポーネントを構成できます。

システム

Qlik NPrinting はサーバー側の設定を使用してホスト名を導出します。特定のセキュリティ機能にアクセスするには、Web Console と NewsStand システムの URL をパブリック アドレスに設定する必要があります。次のフィールドに入力することを強くお勧めします。

  • Web Console URL: パスワード リセット メールとメール通知でリンクを作成するのに使われます。
  • NewsStand URL: パスワード再設定メールを作成するのに使われます。

認証

次の認証タイプを有効または無効にできます。

SAML

SAML 構成を追加または編集できます。参照先:Security Assertion Markup Language (SAML) single sign-on (SSO) の設定

NewsStand

NewsStand をカスタマイズできます。

  • [タイトル]: ブラウザのタブに表示されるウェブページのタイトルを変更します。既定の場所は NewsStand です。
  • ロゴ左上隅の NewsStand 画像リンクを置き換えます。
  • プライマリ カラープレーン テキストの色を変更します。これは、メニュー アイテムや列ヘッダーには影響しません。
  • リンクの色: リンク テキストの色を変更します。
  • ヘッダーの色トップ メニューの背景色を変更します。

メール

SMTP サーバーをセットアップできます。メールでレポートを送信する場合は、このセクションに記入する必要があります。参照先:SMTP サーバーの設定

レポート

PixelPerfect セキュリティ

PixelPerfect スクリプトの実行を有効または無効にできます。

PixelPerfect スクリプトは、保護されたリソースへの特権アクセスを許可します。これにより、セキュリティの問題が発生する可能性があります。レポートを信頼できる場合にのみ、これらのスクリプトを有効にする必要があります。

既定のテンプレート

QlikEntity を除くすべてのレポート タイプの既定テンプレートをアップロードできます。

On-Demand

信頼できる発信元を追加または編集できます。

サーバーを信頼できる発信元として追加する

Qlik SenseまたはQlikViewWebサーバーでホストされるQlikViewAccessPoint でOn-Demandレポートを作成する場合、Qlik NPrinting web consoleでこれらのサーバーを信頼できるオリジンとして追加する必要があります。

Qlik NPrinting web consoleへのアクセスに使用されるサーバーパスごとに、信頼できるオリジンを追加する必要があります。たとえば、ローカルドメイン、短縮ホスト、または完全修飾URLを介してサーバーにアクセスできる場合、それらのサーバーパスごとに信頼できるオリジンを追加する必要があります。

信頼できるオリジンのアドレス項目にサーバーパスを入力する方法は、セキュリティ構成によって異なります。

構成 1:  SSL セキュリティがセットアップされていません Qlik NPrinting web console

Qlik NPrinting web consoleへのログオンに使用されるサーバーパスごとに、信頼できるオリジンが必要です。たとえば、サーバーがqlikserver1で、IPアドレスが 192.168.0.101 である場合、次の信頼できるオリジンを追加します:

  • http://qlikserver1
  • http://qlikserver1.domain.local
  • http://192.168.0.101

構成2:Qlik NPrinting web consoleおよびサードパーティを使用した SSL セキュリティのセットアップ

Qlik NPrinting web consoleへのログオンに使用されるサーバーパスごとに、信頼できるオリジンが必要です。URLはHTTPSを使用する必要があります。たとえば、サーバーがqlikserver1で、IPアドレスが192.168.0.101である場合、次の信頼できるオリジンを追加します:

  • https://qlikserver1
  • https://qlikserver1.domain.local
  • https://192.168.0.101

信頼できるオリジンを追加します

以下を実行します。

  1. Qlik NPrintingで、[管理] > [設定] をクリックします。
  2. [On-Demand設定] をクリックします。
  3. [信頼できるオリジンを追加] をクリックします。
  4. [名前] の後に、信頼できるオリジンの名前を入力します。
  5. [説明] の後に、信頼できるオリジンの説明を入力します。
  6. [アドレス] の後に、QlikView Serverの URL を入力します。

    URL はベースURL (スキームとホスト) のみである必要があります。たとえば、http://qlikserver1/qlikview/index.htmではなく、http://qlikserver1です。

  7. [作成] をクリックします。

タスク

レポートまたは変数がレンダリングされない場合の処理を決定できます。タスク通知メールを受信するよう選択することもできます。

要件

メールによるタスク通知を設定するには、その前に NewsStand および Qlik NPrinting web console の URL 設定が構成されていることを確認します。URL を構成しないと、通知メール内のリンクが機能しません。参照先: システム

エラー処理: レポート

既定では、レポートの生成に失敗した場合、受信者は予定されたメールを受け取ります。レポートの代わりに、ユーザーにはエラー メッセージおよび管理者に問い合わせるようにとの指示が表示されます。管理者はこの動作を無効化し、レポートが失敗した場合にメールが送信されないようにすることができます。レポートの失敗は、エラーとしてログ ファイルに表示されます。

この動作を無効化した場合でも、少なくとも 1 つのレポートが正常に作成されたときには、メールが送信されます。

例:

1 つのタスクに 3 人のユーザーがいます。このタスクでは各ユーザーに 2 つのレポートがあり、メールで送信されます。

  • ユーザー A: レポートの生成に成功しました。
  • ユーザー B: 1 つのレポートの生成に失敗しました。
  • ユーザー C: すべてのレポートの生成に失敗しました。

この場合、以下のようになります。

  • ユーザー A は 2 つの添付ファイルが含まれたメールを受け取ります。
  • ユーザー B は 1 つの添付ファイルが含まれたメールを受け取ります。それらで失敗の報告に関する言及はありません。
  • ユーザー C はメールを受け取りません。

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [管理] > [設定] を選択します。
  2. [タスク] ボタンをクリックします。
  3. [メール配信エラー] で [タスクの公開が 1 つ以上のレポートを生成できない場合] を選択します。以下のオプションから選択してください。
    • 受信者は、失敗したレポートを一覧表示したメッセージ付きの成功したレポートを受信します

    • 受信者は、エラー メッセージ無しの成功したレポートを受信します

      注: すべてのレポートが失敗した場合、 受信者はメールを受信しません。
  4. [更新] をクリックします。

エラー処理: 変数

管理者は、メールで変数が解決されない場合の処理を設定できます。

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [管理] > [設定] を選択します。
  2. [タスク] ボタンをクリックします。
  3. [メール配信エラー] で [タスクの公開が変数タグを解決できない場合] を選択します。以下のオプションから選択してください。
    • そのままのタグでメールを送信
    • タグを削除してメールを送信
    • メールを送信しない
  4. [更新] をクリックします。

タスク実行通知

タスクが成功、エラー、または警告で終了した場合に、通知を受信することができます。通知は複数のメール アドレスに送信できます。

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [管理] > [設定] を選択します。
  2. [タスク] ボタンをクリックします。
  3. [通知] では、タスクが次のステータスで終了した場合に、メールを送信するよう選択できます。
    • エラー
    • 警告
    • 成功
  4. [メール構成] で以下を追加してください:
    • 差出人アドレス
    • 差出人名
    • 宛先
  5. CC または BCC を追加する選択も可能です。

    注: 複数の宛先、CC、または BCC のアドレスを追加するには、セミコロンを使用します。

  6. [更新] をクリックします。
  7. タスクに関する通知メールを受け取りたい場合は、それを有効化する必要があります。タスクを開き、[概要] の最下部に移動して、[タスク通知を送信] を選択します。