メイン コンテンツをスキップする

Qlik NPrinting のバックアップと復元

システム障害が発生した場合や、Qlik NPrinting 展開内のノードを移動あるいは置き換える必要がある場合に、確実に展開を復元できるようにするには、定期的にバックアップを作成することをお勧めします。

Qlik NPrinting 展開のバックアップを作成する場合に、バックアップの主要なコンポーネントとなるの は Qlik NPrinting repository です。詳しくは、「アーキテクチャ」を参照してください。

警告: Qlik NPrinting バックアップは、まったく同じバージョンの Qlik NPrinting のインストールにのみ復元できます。これは、Qlik NPrinting repository の構造が Qlik NPrinting のバージョン間で異なる場合があるためです。
警告: Qlik NPrinting のバージョン間でアップグレードおよびデータの移動を行う場合には、アップグレードに関する指示に従う必要があります。詳しくは、「Qlik NPrinting のアップグレード」を参照してください。

Qlik NPrinting はユーティリティ Qlik.Nprinting.Manager.exe を含めて配信され、これを使用してバックアップの作成および展開の復元を行います。Qlik.NPrinting.Manager.exe はデフォルトでインストールされ、%Program Files%\NPrintingServer\Tools\Manager に配置されます。このツールはコンソール アプリケーションであり、コマンド プロンプトから実行する必要があります。生成されるバックアップは、Qlik NPrinting repository データベース ダンプ ファイルと関連ファイルが含まれる .zip アーカイブです。