変数

Qlik Sense および QlikView の変数を使用して、Qlik NPrinting レポートおよびメールをカスタマイズできます。

Qlik Sense または QlikView の変数は静的な値であり、以下の値が該当します。

  • テキストの文字列
  • 日付
  • 評価された式の結果

式は、先頭にある等号 = で識別されます。アプリまたはドキュメントで変数を使用しているときに、変数に変更を行うと、その変数が使用されている場所すべてに適用されます。

変数には、複雑な式、ユーザー情報、または会社の詳細情報を含めることができます。たとえば、一週間の売上高を地域別に計算する変数を設定できます。今後変更する可能性のある製品名の代わりとして、変数を使用できます。ユーザー名の変数を使用すると、会社のメールをカスタマイズできます。これらの種類の変数によって、より一貫性のあるレポートとなり、メンテナンスしやすくなります。

Qlik NPrinting で使用される変数のベスト プラクティス

Qlik Sense および QlikView の変数は、ドル記号拡張と組み合わせて使用されることがよくあります。これを行う必要があるのは、変数を実際の変数ではなくプレースホルダーのように使用したい場合です。変数のドル記号拡張を機能させるには、その「テキスト」を変数の静的な値に置き換えます。

たとえば、Qlik Sense または QlikView に次の 2 つの変数があるとします。

  • vSales (Sum(Sales) として定義)
  • vSales2 (=Sum(Sales) として定義)

=$(vSales) などの式は、Qlik Sense チャートでメジャーとして使用するか、QlikView チャートで式として使用できます。Qlik エンジンでこの式を評価した場合、ドル記号拡張 $(vSales) の内容が vSales の静的な値に置き換えられます。vSales の静的な値は Sum(Sales) です。そこで、評価される最終的な式は =Sum(Sales) となります。

合計の Sum(Sales) が 1560 であるとします。=$(vSales2) などの式を書く場合、Qlik エンジンは前述のケースのようにこの式を評価し、ドル記号拡張 $(vSales2) の内容を vSales2 の静的な値に置き換えます。vSales2 の静的な値は、式で定義されている 1560 です。そこで、評価される最終的な式は 1560 となります。

つまり、ドル記号拡張がない場合、vSalesSum(Sales) のテキストを含む変数です。

これらの式を 2 つの異なるメジャーとして Qlik Sense のチャートまたは QlikView の式に挿入した場合、以下の結果となります。

結果
Dim $(vSales) $(vSales2)
A 350 1560
B 470 1560
C 740 1560

ご覧のように、=$(vSales) の結果は軸の値の部分和となりますが、=$(vSales2) は合計となります。

Qlik NPrinting では常に変数の静的な値を考慮し、ドル記号拡張は考慮しません。先頭に = 記号がない変数で式を評価したい場合は、QlikView または Qlik Sense で定義を変更する必要があります。できない場合は、元の式のドル記号拡張として定義できる 2 つ目の変数を作成する必要があります。vSales3=$(vSales) として定義します。Qlik NPrinting Designer を使用している場合は、もう 1 つ変数を作成する必要はありません。代わりに数式を使用して元の変数を拡張できます。

エラーの処理

メールで変数が解決されない場合の処理は、管理者が設定できます。

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [管理] > [設定] を選択します。
  2. [タスク] ボタンをクリックします。
  3. [メール配信エラー] で [タスクの公開が変数タグを解決できない場合] を選択します。以下のオプションから選択してください。
    • そのままのタグでメールを送信
    • タグを削除してメールを送信
    • メールを送信しない
  4. [更新] をクリックします。