タスクの実行

[タスクの実行] ページには、Qlik NPrinting Serverタスクに関連する詳細が表示されます。

[タスクの実行] ページを開くには、[管理] をクリックして [タスクの実行] を選択します。

[タスクの実行] の時間は、ログインしたユーザーのタイムゾーンに応じて表示されます。これらは Qlik NPrinting Server のタイムゾーンとは異なります。タイムゾーンを変更するには、右上にあるユーザー名をクリックして [設定] を選択します。

実行の段階

公開タスクには 3 つの段階があります。

  1. コンテンツの解決:Qlik NPrinting は、QlikView または Qlik Sense から、レポートの作成に必要なデータを取得します。
  2. コンテンツの生成:Qlik NPrinting はレポートを作成します。
  3. 公開: レポートは、タスク設定に従って配信されます。

これらの手順は、レポートとユーザーのそれぞれの組み合わせに対して順に実行されます。これらの手順は異なるレポートで平行して実行され、複数のレポートが同時に同じステージとなる場合があります。

タスクのフィルター

デフォルトでは、処理中および終了したすべてのタスクが表示されます。タスクを表示タスクの種類、または日付範囲でフィルターできます。また、タスク名で検索することもできます。列のヘッダー タイトルの横にある黒い三角形をクリックすると、列のアイテムがアルファベット順に並べ替えられます。

[表示] ドロップダウン リストには、次のオプションがあります。

  • すべての実行
  • 処理中
  • 完了

[タスクの種類] ドロップダウン リストには、次のオプションがあります。

  • フィルターと受信者のインポート
  • レポートの公開
  • 接続キャッシュの生成
  • 項目値の検索: キャッシュが作成されていないフィールドの追加中に [検索] ボタンをクリックすると、Qlik NPrinting がタスクを起動し、キャッシュが作成されていない値を取得します。

[日付範囲] ドロップダウン リストには、次の 2 つがあります。

  1. [作成日時]:
    • 作成日時
    • 最終更新日
  2. [すべて]:
    • すべて
    • 今日
    • 昨日
    • 今週
    • 今月
    • 過去 7 日間
    • 過去 30 日間
    • [カスタム]: 特定の日付範囲を設定できます。

名前で検索するには、右側の検索フォームに探しているタスク名を入力します。タスクのリストが動的にフィルターされます。

タスクの実行ステータス

タスクの実行フィールド
フィールド 説明
タスク名 タスクの名前。
タスクの種類 タスクの種類。
ステータス

点滅しているステータスは、タスクが実行中であることを意味します。点灯しているステータスは、タスクが終了したか、またはタスクの実行が中断されて、警告、失敗、中止のいずれかのステータスであることを意味します。

進捗状況 公開完成のパーセンテージ。コンテンツの解析およびコンテンツ生産中は、進捗状況は 0% のままとなります。公開が開始するか、条件評価がエラーを返すと、パーセンテージが増え始めます。つまり、一部のレポートが作成されず、終了済としてカウントされます。
作成日時 タスクが作成された日付と時刻。
最終更新日 タスクが最後に更新された日付と時刻。

ページの下部の [ボタン数] をクリックして、表示される列の数を変更できます。

ステータスにはいくつかの種類があります。

  • 警告: 一部のレポートが正しく作成されていますが、いくつかの問題があります。
  • エラー: すべてのレポートに問題があります。
  • 実行中 (点滅のみ): すべてが上手く進んでいますが、タスクはまだ実行中です。
  • 完了 (点灯のみ): すべてのレポートが正しく作成され、配信されました。
  • キュー: タスクは実行を待機中です。
  • 中止: ユーザーが [タスクの詳細] ページの [中止] ボタンを押したため、タスクの実行は手動で中止されました。

タスク実行の詳細

タスク名をクリックし、[詳細ページ] を開きます。詳細ページは 3 つのセクションに分かれています。

  • 概要
  • 統計情報
  • ログ

このページを開くときは、すべてのログが読み込まれるまで待つ必要があります。これには数秒かかる場合があります。

概要

このセクションには、タスクに関する基本情報が含まれます。

  • タスク名
  • タスクの種類
  • ステータス
  • 進捗状況
  • 作成日時
  • 最終更新日

統計情報

2 番目のセクションには、タスクの統計情報が表示されます。

タスク実行の統計情報
フィールド 説明
経過時間 タスクが開始してから、または最後にタスクが再開してからの経過時間。タスクに時間付きの更新がある場合にのみ更新されます。タスクがブロックされている場合、経過時間は更新されません。すべての種類のタスクを表示します。
開始した解析 コンテン解析手順が開始したレポートの数。公開レポート タスクでのみ表示されます。
終了した解析 コンテンツ解決手順が終了したレポートの数。公開レポート タスクでのみ表示されます。
開始プロダクション コンテンツ生産手順が開始したレポートの数。公開レポート タスクでのみ表示されます。
終了プロダクション コンテンツ生産手順が終了したレポートの数。公開レポート タスクでのみ表示されます。
開始した公開 公開手順が開始したレポートの数。公開レポート タスクでのみ表示されます。
終了した公開 公開手順が終了したレポートの数。公開レポート タスクでのみ表示されます。
レポートの失敗 実行手順で失敗したレポートの数。公開レポート タスクでのみ表示されます。

ログ

タスクの詳細ページの最後のセクションには、詳細なログが含まれます。各ログの構成要素は次のとおりです。

タスク ログ フィールド
フィールド 説明
日付と時刻 ログが生成された日付と時刻を Qlik NPrinting Serverタイムゾーンで表します。
レベル ログ レベルは記録されたイベントの重大度に関するヒントです。「Error」または「Warn」という値は、何かがうまくいっておらず調査が必要なことを意味します。「Info」という値は、イベントが正しく終了したことを意味します。
説明 ログで記録されたアクションの詳細な説明。

ログの ID からレポートを取得

レポート ID はタスク実行の詳細ページのログでは決定されません。レポート名は表示されず、それらを取得する必要があります。

以下を実行します。

  1. タスクの詳細ページを開きます。
  2. 解析したいレポート ID を選択してコピーします。
  3. タスクの公開ページへ移動します。
  4. 元のログに関連するタスクの公開ページを開きます。
  5. 利用可能なレポートのいずれかを開きます。
  6. コピーしたレポート ID を貼り付け、URL の最後の部分 (最後のバックスラッシュより右にある文字列) を置き換えます。
  7. Enter キーを押します。

タスクの中止

タスクの実行はいつでも中止できます。

以下を実行します。

  1. タスク名をクリックします。
  2. 右上隅にある [中止] ボタンをクリックします。
  3. タスクの実行が中止され、[中止] ステータスが表示されます。

タスク設定の変更

管理者は、レポートまたは変数がレンダリングされない場合の処理を設定できます。タスク通知メールを受信するよう選択することもできます。

エラー処理: レポート

既定では、レポートの生成に失敗した場合、受信者は予定されたメールを受け取ります。レポートの代わりに、ユーザーにはエラー メッセージおよび管理者に問い合わせるようにとの指示が表示されます。管理者はこの動作を無効化し、レポートが失敗した場合にメールが送信されないようにすることができます。レポートの失敗は、エラーとしてログ ファイルに表示されます。

この動作を無効化した場合でも、少なくとも 1 つのレポートが正常に作成されたときには、メールが送信されます。

例:

1 つのタスクに 3 人のユーザーがいます。このタスクでは各ユーザーに 2 つのレポートがあり、メールで送信されます。

  • ユーザー A: レポートの生成に成功しました。
  • ユーザー B: 1 つのレポートの生成に失敗しました。
  • ユーザー C: すべてのレポートの生成に失敗しました。

この場合、以下のようになります。

  • ユーザー A は 2 つの添付ファイルが含まれたメールを受け取ります。
  • ユーザー B は 1 つの添付ファイルが含まれたメールを受け取ります。それらで失敗の報告に関する言及はありません。
  • ユーザー C はメールを受け取りません。

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [管理] > [設定] を選択します。
  2. [タスク] ボタンをクリックします。
  3. [メール配信エラー] で [タスクの公開が 1 つ以上のレポートを生成できない場合] を選択します。以下のオプションから選択してください。
    • 受信者は、失敗したレポートを一覧表示したメッセージ付きの成功したレポートを受信します

    • 受信者は、エラー メッセージ無しの成功したレポートを受信します

      注: すべてのレポートが失敗した場合、 受信者はメールを受信しません。
  4. [更新] をクリックします。

エラー処理: 変数

管理者は、メールで変数が解決されない場合の処理を設定できます。

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [管理] > [設定] を選択します。
  2. [タスク] ボタンをクリックします。
  3. [メール配信エラー] で [タスクの公開が変数タグを解決できない場合] を選択します。以下のオプションから選択してください。
    • そのままのタグでメールを送信
    • タグを削除してメールを送信
    • メールを送信しない
  4. [更新] をクリックします。

タスク実行通知

タスクが成功、エラー、または警告で終了した場合に、通知を受信することができます。通知は複数のメール アドレスに送信できます。

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [管理] > [設定] を選択します。
  2. [タスク] ボタンをクリックします。
  3. [通知] では、タスクが次のステータスで終了した場合に、メールを送信するよう選択できます。
    • エラー
    • 警告
    • 成功
  4. [メール構成] で以下を追加してください:
    • 差出人アドレス
    • 差出人名
    • 宛先
  5. CC または BCC を追加する選択も可能です。

    注: 複数の宛先、CC、または BCC のアドレスを追加するには、セミコロンを使用します。

  6. [更新] をクリックします。
  7. タスクに関する通知メールを受け取りたい場合は、それを有効化する必要があります。タスクを開き、[概要] の最下部に移動して、[タスク通知を送信] を選択します。