メイン コンテンツをスキップする

QlikView および Qlik Sense セル値のインポート

このページ上

QlikView および Qlik Sense セル値のインポート

ExcelWordPowerPointHTML、または PixelPerfect レポートで QlikViewQlik Sense オブジェクトからセルの値、またはセルの値のグループを使用できます。

概要

セルは、位置に基づいてドキュメントおよびアプリから Qlik NPrinting レポート テンプレートにインポートされます。たとえば、最初の行の 3 列目にあるセルをインポートできます。

QlikView 接続で、セル #1 に合計行 (一番上) から値を選択します。Qlik Sense 接続で、セル #1 にテーブル内の最初の値 (合計行を除く) を選択します。

元のアプリまたはドキュメントで何かを変更した場合は、Qlik NPrinting レポート テンプレートを更新する必要があります。セル配置ベースで作動し、ソース オブジェクトの変更をフォローすることはできません。それらは管理する必要があります。たとえば、Qlik Sense で列 2 と列 3 を切り替えても、Qlik NPrinting はセル ノードを自動的に更新しません。

注: [プロパティ] ペインで Keep Source Formats をクリアすると、Excel フォーマット ツールを使用してセルにカスタムフォーマットを適用できます。また、オブジェクトをセルごとまたは部分的に再構築し、 Excel 数式を追加して計算することもできます。

Excel レポートへのセル値の挿入

次の例は、QlikView セルの値を Excel レポート テンプレートに挿入する方法を示しています。同じセルの位置に同じチャート オブジェクトを 4 回挿入しますが、書式設定は異なります。

QlikView ドキュメンからのセルの指定

以下を実行します。

  1. 既存の Excel レポート テンプレートを開くか、新しいレポートを作成します。
  2. 新しいセルを作成します。
    1. 左側のペインで、[セル] ノードを右クリックし、[セルの追加] を選択します。新しいウィンドウが開きます。 

    2. [オブジェクト] フィールドの右にあるブラウザー アイコン ... をクリックします。
    3. リストからチャート オブジェクトを選択します。[OK] をクリックします。
    4. Qlik NPrinting が [名前] フィールドに自動的に入力します。名前の後の最初の数字はセル行を示します。2 番目の数字はセル列を示します。必要に応じて名前を変更できます。

    5. [説明] フィールドはオプションです。
    6. [上端行] フィールドに、数字 1 を入力します。

      [最下行] フィールドにも数字 1 が含まれている場合は、1 行のみからセルを選択しています。行 0 は QlikView オブジェクト タイトルの行です。そのため、行 1 は最初のデータ行です。

    7. 左の列 フィールドに、数字 1 を入力します。

      [右列] フィールドにも数字 1 が含まれている場合は、1 列のみからセルを選択しています。列 0 は、ソース QlikView オブジェクトの一番左の列です。

    8. Keep Source Formats ボックスをオンのままにします。[OK] をクリックします。
  3. 手順 a〜g を繰り返します。Keep Source Formats ボックスをクリアします。
  4. 手順 a〜g を繰り返します。Keep Source Formats ボックスをクリアして、Format フィールドに書式設定コード "$ #,##0.00" を追加します。
  5. 手順 a〜g を繰り返します。Keep Source Formats ボックスをクリアします。このセル値を含むセルをフォーマットするには、Excel 書式設定ツールを使用します。

テンプレートへのセル値の追加

以下を実行します。

  1. 各セル値のノード トークンをテンプレートの空のセルにドラッグします。
  2. Excel 書式設定オプションを使用して、作成した 4 番目のセル値を書式設定します。

    たとえば、フォントのサイズや色を変更できます。

  3. [プレビュー] をクリックします。次の 4 つの方法で書式設定された同じセル値が表示されます。

    1. 元のドキュメントと同じ書式設定のセル。
    2. 書式設定のないセル。
    3. Qlik NPrinting によって適用されたカスタム形式 "$ #,##0.00" のセル。
    4. カスタム Excel 形式が適用されたセル。
  4. プレビューを閉じます。必要に応じて、テンプレートの編集を続行できます。
  5. [保存して閉じる] をクリックしてテンプレートを保存し、[テンプレート エディター] を閉じます。