メイン コンテンツをスキップする

Excel レポート

Excel レポートを使用して、QlikViewQlik Sense チャートを Excel ワークブックにエクスポートできます。簡単に新しい計算を行ったり、ピボット テーブルを追加したりできます。

Excel レポートを生成し、次の出力形式で共有することができます。 xlsx, .xls, .xlsm, .tiff, .pdf, .html.

注: Microsoft Office の信頼設定でマクロを無効にしてある場合は、(.xls および .xlsm ファイル内の) Excel マクロは Qlik NPrinting Designer では実行されません。これが Excel での既定設定です。Excel でこれを変更するには、オプション > 信頼センター > 信頼センター設定 > マクロ設定 の順に選択して変更します。

書式設定

デフォルトでは、Qlik NPrinting は新しいレポート テンプレートを作成するときに元の QlikView または Qlik Sense 書式設定を維持しようとします。また、Excel 書式設定を適用することもできます。Qlik NPrinting Designer でチャート オブジェクトを選択し、[プロパティ] ペインの Keep Source Formats チェックボックスをクリアします。次に、他の Excel ドキュメントと同様に、フォント、列幅、テーブル プロパティをカスタマイズできます。

テーブル]

QlikViewQlik Sense テーブル オブジェクトを追加し、Excel テーブル関数を適用できます。たとえば、Excel テーブルの書式設定を適用できます。QlikView 全体や Qlik Sense テーブル、または特定の列を使用することができます。

Excel リボンからヘッダー セルに適用されたフォントと配置の書式設定は、ヘッダー行のすべてのテーブル セルに適用されます。リボンからコンテンツ セルに適用されたフォントと配置の書式設定は、コンテンツ行のすべてのテーブル セルに適用されます。数値の書式設定は影響しません。

画像

チャートを画像としてインポートできます。デフォルト設定として、元の画像の書式設定が保持されます。たとえば、元の QlikView オブジェクトサイド スクロール バーがある場合は、レポートにも表示されます。また、QlikView シート全体を画像としてインポートすることもできます。画像としてインポートされたオブジェクトに含まれるデータは、最終レポートでは編集できません。

画像は横に並べて埋め込むことができます。重複を避けるために、それらの間のスペースを手動で調整する必要があります。Qlik NPrinting は画像間にスペースや列を自動的に追加しません。

レベル

レベルはチャート オブジェクトを受け取り、フィールドの値を循環させます。各レベル フィールドの結果は順に表示されます。画像、テーブル、フィールドにレベルを追加できます。

たとえば、1 年間に販売した各製品をリストしたテーブルを備えた Qlik Sense アプリがあるとします。そのテーブルを Qlik NPrinting レポートに追加し、製品カテゴリ フィールドのレベルを追加できます。生成されたレポートには 1 つの大きなテーブルではなく、製品カテゴリ ごとに異なるテーブルがあります。

数式

数式 ノードを使用して QlikViewQlik Sense 数式を追加できます。テンプレート セルに直接 Excel 数式を入力できます。

Excel チャート

Qlik データを使用して、レポートにネイティブ Excel チャートを追加できます。

Excel ピボットテーブル

QlikView または Qlik Sense ストレート テーブルから Excel ピボット テーブルを作成できます。