QlikWorld 2020 Global Conference. Join us to discover how to get the most from your data. Act fast. Register now and save.

環境間でのレポートの移動

多くのユーザーは、テスト環境や実稼働環境など、複数の Qlik NPrinting 環境を使用しています。ある環境からレポートをエクスポートし、別の環境にインポートすることができます。

レポートをエクスポートすると、Qlik NPrinting Designer テンプレート、適用されるフィルター、サイクル、および動的な名前を含む zip ファイルが作成されます。zip ファイルには該当のアプリや接続の情報は含まれません。レポートのインポートを開始する前に、アプリおよび接続を二次的環境に置いておく必要があります。

注: この処理は、異なる環境間で同じバージョンの Qlik NPrinting を使用して移動するためのものです。旧バージョンの Qlik NPrinting から新しいバージョンに移行する場合は、次を参照してください: 旧バージョンの Qlik NPrinting からのレポート テンプレートの移行

レポートのエクスポート

以下を実行します。

  1. 一番上のメニューで [レポート] を選択します。
  2. エクスポートするレポートをクリックします。
  3. [エクスポート] ボタンをクリックします。

    ファイルにパスワードを設定してプロテクトをかけるよう求められます。これはオプションです。

  4. [ダウンロード] を押します。

ウェブ ブラウザーからダウンロードしたファイルを収納するためのフォルダーに zip ファイルが保存されます。

二次的環境の接続をチェックする

レポートを正常にインポートするには、セカンダリ環境の接続が元のレポートからのものと一致している必要があります。これには、次が含まれます:

  • レポート テンプレートで使用されているすべてのオブジェクト。
  • サイクルで使用されているすべてのフィールド。
  • 元のレポートに関連付けられたフィルターで使用されているか、テンプレートにオブジェクト フィルターとして追加されているすべてのフィールド。
  • 動的命名で使用されているすべての変数。
  • Qlik エンティティ レポートをインポートしようとしている場合は、使用されているすべてのエンティティ。

2 つの環境間のオブジェクトを比較するには、QlikViewQlik Sense の ID が使用されます。

必要なすべてのオブジェクトを含む接続がない場合、インポートは行われません。エラー メッセージが表示された場合、Qlik NPrinting WebEngine ログ ファイルを確認して、ターゲット アプリに存在しないオブジェクトのリストを取得できます。

既存のレポートの置き換え

以下を実行します。

  1. 一番上のメニューで [レポート] を選択します。
  2. 置き換えるレポートをクリックします。
  3. [置き換え] ボタンをクリックします。

  4. インポートしているレポート テンプレートに接続する Qlik NPrinting アプリを選択します。
  5. [参照...] をクリックし、前にエクスポートした zip ファイルを選択します。
  6. 該当する場合は、パスワードを入力します。
  7. [次へ] をクリックします。
  8. [接続] を選択します。[次へ] をクリックします。
  9. [フィルター] を選択します。[次へ] をクリックします。
  10. [確認] をクリックします。

これで問題なくレポートが置き換えられました。エラーがある場合は、ログ ファイルを確認してください。詳しくは、次を参照してください: ログ

新規レポートのインポート

以下を実行します。

  1. 一番上のメニューで [レポート] を選択します。
  2. [レポートのインポート] ボタンをクリックします。
  3. インポートしているレポート テンプレートに接続する Qlik NPrinting アプリを選択します。アプリを新規に作成する場合は、 アプリの作成 を参照してください。
  4. [参照...] をクリックし、前にエクスポートした zip ファイルを選択します。
  5. 該当する場合は、パスワードを入力します。
  6. [次へ] をクリックします。
  7. [確認] をクリックします。

これで、このレポート テンプレートが [レポート] 領域に表示できるようになります。

インポートしたレポートからユーザー フィルターをインポートする

Qlik NPrinting にレポートをインポートする場合、パフォーマンス上の理由で、ユーザーに関連付けられたフィルターは含まれません。何千ものユーザーに関連付けられたフィルターのすべてをインポートするには長い時間がかかり、Qlik NPrinting がストールする可能性もあります。

webengine.config ファイル内の行 <!-<add key="include-user-filters" />-> をコメント解除することで、この動作を変更することができます。これにより、リポジトリに保存されたすべてのフィルターを、[フィルターのインポート] ダイアログを通してインポートできるようになります。保存されているフィルター数によって、これには非常に長い時間がかかる可能性があります。

webengine.config ファイルを編集したくない場合、レポートとともに特定のユーザー フィルターを手動でインポートすることができます。これには次の二通りの方法があります。

  • フィルターの関連付けをすべてのユーザーから削除する。
  • フィールドおよび値が同じで、いかなるユーザーにもリンクされていない、新しいフィルターを作成する。