Qlik NPrinting での Qlik Sense への接続設定時の接続エラー [の確認]

Possible cause  

Qlik NPrintingQlik Sense への接続を設定しているときに [接続の確認] ボタンを使用して、Qlik Sense に接続するために入力したすべての情報が正しいことを確認します。実行された確認内容とそのステータスのリストが [詳細] に表示され、間違った情報がある場合は、リスト内でその項目の隣に赤い [X] が示され、その項目に関してテストが失敗したことを示します。

失敗したテストの内容 提案されるアクション
接続パラメーターが有効です。 1 つ以上の接続パラメーターが間違っているか、または存在しません。
この [ID] は Windows ドメイン ユーザーです。

[ID] フィールド内のユーザーは Windows ドメイン ユーザーでなければならず、Active Directory で有効化されている必要があります。

Qlik NPrintingQlik Sense は、同じドメインにインストールする必要があります。

Qlik Sense Repository Service は、プロキシ アドレスのポート 4242 に到達できます。 Qlik Sense プロキシ アドレスが正しく、Qlik NPrinting Engine がポート 4242 上の Qlik Sense Repository Service に到達しないようファイアウォールが阻止していないことを確認します。
インストールされている証明書は、Qlik Sense への接続に有効です。

証明書は、Qlik Sense Server 上の Qlik Management Console を使用して Qlik Sense からエクスポートし、Qlik NPrinting Engine コンピューター上にインストールする必要があります。

Qlik Sense 証明書をインストールするには、%ProgramFiles%\NPrintingServer\Tools\QmcCertificatesInstaller にある [QmcCertificatesInstaller.exe] を使用します。

接続しているサーバーおよびバージョン用の正しい Qlik Sense 証明書がインストールされていることを確認します。

Qlik Sense 証明書のインストールで、正しいユーザー アカウントが使用されていたことを確認します。Qlik Sense 証明書のインストール を参照してください。

プロキシ アドレスの Qlik Sense Repository Service からバージョンを取得します。

Qlik Sense プロキシ アドレスが正しく、Qlik NPrinting Engine がポート 4242 上の Qlik Sense Repository Service に到達しないようファイアウォールが阻止していないことを確認します。

Qlik NPrinting Engine クライアントおよび Qlik Sense サーバーの両方で、TLS 1.1 または SSL 3.0 のいずれかが有効になっている必要があります。

プロキシ アドレス上の Qlik Sense Repository Service から [プロキシ ID] を取得します。 Qlik Sense プロキシ アドレスが正しく、Qlik NPrinting Engine がポート 4242 上の Qlik Sense Repository Service に到達しないようファイアウォールが阻止していないことを確認します。
プロキシ アドレスの Qlik Sense Repository Service から [Qlik Sense アプリ ID] に関するアプリ情報を取得します。 [ID] フィールド内のユーザーが、Qlik Sense でアプリへのアクセスを認証されていることを確認します。また Qlik Sense プロキシ アドレスが正しく、Qlik NPrinting Engine がポート 4242 上の Qlik Sense Repository Service に到達しないようファイアウォールが阻止していないことを確認します。
Qlik NPrinting Engine サービスを実行中のユーザーは Qlik Sense [RootAdmin] です。 Qlik Sense コンピューター上で Qlik Management Console (QMC) を使用して、Qlik NPrinting Engine サービスを実行中のユーザーが [RootAdmin] グループ内に存在することを確認します。
Qlik Sense エンジンへの接続のために、[プロキシ アドレス]、[Qlik Sense アプリ ID]、および [ID] を使用できます。

Qlik NPrinting Engine サービスを実行中の Windows ユーザーおよび [ID] フィールドで指定されたユーザーが、指定したアプリにアクセスできないように阻止しているルールが Qlik Management Console (QMC) に存在しないことを確認します。

Qlik Management Console (QMC) では、Qlik Sense への Qlik NPrinting 接続で使用されている [仮想プロキシ] に、少なくとも 1 つの [負荷分散ノード] が含まれている必要があります。

Qlik Management Console (QMC) では、Qlik Sense への Qlik NPrinting 接続で使用されている [仮想プロキシ] に、Qlik NPrinting の [プロキシ] リストで使用されているノードが含まれている必要があります。

Active Directory で [ID] で定義されているユーザーが有効であることを確認します。

Active Directory ユーザーを手動で同期しなければならない場合があります。

Qlik NPrintingQlik Sense は、同じドメインにインストールする必要があります。

Qlik Sense Qlik Management Console (QMC) で、Qlik NPrinting Engine サービスを実行中のユーザーが [RootAdmin] グループ内に存在することを確認します。

すべての Qlik Sense エンジンは、Qlik NPrinting Engine コンピューターから到達できます。

Qlik Sense プロキシ アドレスが正しく、Qlik NPrinting EngineQlik Sense エンジン サービスに到達しないようファイアウォールが阻止していないことを確認します。この Qlik Sense エンジン サービスは、通常はポート 4747 (Qlik Sense セントラル ノードまたは専用の Qlik Sense エンンジン ノード上) を使用します。このポートは Qlik Management Console (QMC) で設定できます。

Qlik NPrintingQlik Sense は、同じドメインにインストールする必要があります。Qlik Sense Qlik Management Console (QMC) で、Qlik NPrinting Engine サービスを実行中のユーザーが [RootAdmin] グループ内に存在することを確認します。

プロキシ アドレスの Qlik Sense Repository Service から、すべてのアプリのリストを取得します。 [ID] フィールド内で指定されている Qlik Sense ユーザーが、アプリ リストの取得を許可されていることを確認します。
プロキシ アドレスの Qlik Sense Repository Service から、Qlik Sense プロキシ ポートを検索します。 [ID] フィールド内の Qlik Sense ユーザーが、Qlik Sense プロキシ アドレスの検索を許可されていることを確認します。
Qlik Sense プロキシ ポートは、プロキシ アドレス上で到達できます。 Qlik Sense プロキシ アドレスが正しく、Qlik NPrinting EngineQlik Sense Proxy Service に到達しないようファイアウォールが阻止していないことを確認します。Qlik Sense Proxy Service は、通常はポート 4243 (大抵の場合 Qlik Sense セントラル ノード上) を使用します。このポートは Qlik Management Console (QMC) で設定できます。
プロキシ アドレスの Qlik Sense プロキシに対する GetTicket 要求を実行します。 [ID] フィールド内のユーザーが有効であり、Qlik Sense プロキシ アドレスが正しく、Qlik NPrinting EngineQlik Sense プロキシ サービスに到達しないようファイアウォールが阻止していないことを確認します。Qlik Sense プロキシ サービスは、通常はポート 4243 (大抵の場合 Qlik Sense セントラル ノード上) を使用します。このポートは Qlik Management Console (QMC) で設定できます。