Qlik オブジェクトの操作

Qlik Sense および QlikView には多くの異なる種類のオブジェクト (棒グラフ、ピボット テーブル、KPI、マップなど) があります。これらのオブジェクトを Qlik NPrinting レポートでどのように使用するかは接続の種類およびオブジェクトの種類によって異なります。

Qlik オブジェクトがレポートに表示されるようにするには、Qlik Sense アプリまたは QlikView ドキュメントへの有効な接続が必要です。参照先: 「接続の作成 」を参照してください。

Qlik オブジェクトがどのように Qlik NPrinting にエクスポートされるか

適切に接続された Qlik オブジェクトは Qlik NPrinting にエクスポートされます。これらのオブジェクトは外観や動作が多少異なる場合があります。たとえば棒グラフの場合、静的画像としてエクスポートされるため、棒グラフの画像を通常のようには操作することはできなくなります。

Qlik オブジェは Qlik NPrinting レポートで次のように表示されます。

  • テキスト: レポートの種類に応じて異なる書式設定を適用できるシンプルなテキスト。Excel レポートの書式設定オプションは PixelPerfect レポートのオプションとは異なります。
  • テーブル: Qlik Sense および QlikView のデータを取得してテーブル形式で表示します。
  • 画像: Qlik Sense および QlikView のデータを取得して画像 (.png 形式) として表示します。
  • レベル: データを軸で細分します。レベルはテーブルと画像に適用できます。たとえば上位顧客を地域別に分けることができます。

QlikView オブジェクトは QlikView のネイティブのエクスポート シート画像機能を使用してエクスポートします。

Qlik Sense オブジェクトは次のように変換されます:

  1. メモリー内ブラウザー ウィンドウでビジュアライゼーションを開く。
  2. レポート テンプレートに概説されている、軸と 1 インチあたりのドット数 (DPI) の設定を適用する。
  3. 表示される画像のスナップショットを取得する。
  4. 画像を .png 形式でインポートする。

ビジュアライゼーションの場合、認識できる (見える) 部分のみがエクスポートされます。たとえば、スクロール バーを伴う Qlik Sense テーブルを画像としてエクスポートします。テーブル全体ではなく、指定された部分に含まれるスクロール バーとウィンドウ エリアのみが対象となります。オブジェクトがレポートでどのように表示されるかを確認するには、Qlik NPrinting Engine マシンの Qlik Sense ブラウザー ウィンドウを開きます。次に、レポート テンプレートで用いられているものと同一のサイズと解像度を適用します。

Qlik NPrinting Designer の最初のスナップショットに取り込まれるチャート データの量を調整するには、[データ表示] の値を変更します。参照先: 「Qlik Sense チャートの画像サイズの変更」を参照してください。

注: ビジュアライゼーション エクステンションを使用できるように設定されており、Qlik Sense のセキュリティ ルールで許可されている場合には、ビジュアライゼーション エクステンション (カスタム オブジェクト) をエクスポートできます。

完全には対応していない Qlik オブジェクト

一部の極めて複雑なオブジェクトは完全にはサポートされていません。

オブジェクト タイプがサポートされているかどうかは、 Qlik NPrinting Designer の左パネルに加えてみることで判断できます。Qlik NPrinting Designer で対応しているのは、ここで追加できる種類のオブジェクトのみです。

たとえば、棒グラフ、ピボット テーブル、ゲージ チャートを含む QlikView ドキュメントに接続されているとしましょう。Qlik NPrinting Designer で左パネルに移動し、[レベル] を右クリックして [レベルの追加] を選択します。棒グラフがリストされたウィンドウが開きます。ピボット テーブルとゲージ チャートは、レベルとしてはサポートされていないためリストに含まれていません。ただし [画像] として加えられている場合であればリストされます。

サポート対象のオブジェクトがリストに現れない場合は、Qlik Sense または QlikView で追加されていても、Qlik NPrinting でメタデータのキャッシュを更新していないことが原因である可能性があります。参照: 「接続メタデータのリロード」を参照してください。

以下のテーブルは、現時点での制限を簡単にまとめたものです。

QlikView での制限
オブジェクト 未対応 対応
ピボット テーブル レベル、テキスト 画像、テーブル
コンテナ レベル、テーブル、テキスト 画像
オブジェクト フィルター レベル、テキスト 画像、テーブル
ゲージ チャート レベル、テキスト 画像、テーブル
Qlik Sense での制限
オブジェクト 未対応 対応
ゲージ チャート レベル、テキスト 画像、テーブル
KPI レベル、テキスト 画像、テーブル
テキスト、画像 レベル、テキスト 画像、テーブル
マップ レベル、テーブル、テキスト 画像
ピボット テーブル レベル、その他の制限 テーブル、テキスト、画像
フィルター パネル レベル、テーブル、テキスト 画像
Sense エクステンション テキスト 画像、テーブル、レベル

Qlik Sense ピボット テーブルでの制限

Qlik Sense ピボット テーブルは画像、テキスト、およびテーブルとしてサポートされています。だたし以下の機能と動作には対応していません:

  • レベル
  • 行と列の部分的な拡張
  • 文字表示色および背景色
  • ハイパーリンク (プレーン テキストとして表示されます)
  • テーブルのサイズ調整レポートを Qlik NPrinting Designer で開く前に、必要なピボット テーブル サイズが Qlik Sense アプリに保存されていなければなりません。テーブルのサイズやレイアウトを Qlik Sense で変更した場合には、Qlik Sense の接続キャッシュを Qlik NPrinting でリロードする必要があります。

対応していない Qlik オブジェクト

一部の Qlik オブジェクトは Qlik NPrinting でサポートされていません。以下が該当します。

  • 証明されていない Qlik Sense エクステンション
  • 通常は付加的なデータ ソースとして外部のサーバーに接続されるjQlik Sense オブジェクト (Qlik GeoAnalytics、分析接続)
  • [アシスタンス] が有効化されている Qlik Sense チャート。Qlik NPrinting レポートで提案されているチャートを使用して作成したチャートを含めるには、[アシスタンス] を無効にします。参照先: 「推奨チャートを用いたビジュアライゼーション作成」。

注:

計算軸または NULL 値をもつテーブルはレベルとして使用できますが、その中にオブジェクトやレベルを配置することはできません。

トラブルシューティング

オブジェクトが正しくレポートに表示されない場合、接続に問題があるか、または Qlik Sense アプリや QlikView ドキュメントが原因である可能性があります。

See also: