PixelPerfect レポートでスパークラインを使用する

スパークラインの入った PixelPerfect レポートを作成できます。スパークラインは非常に小さな線グラフで、一般的には軸や座標を使用せずに描かれます。一般的には時間経過に伴う、ある測定の動きを表します。

次の例に従い、各営業担当に対して行を表示し、営業担当の合計売上高と、月間売上高のスパークラインを示す表を作成します。営業担当のレベルとその人物の合計売上高が追加され、レポート内に表が作られます。スパークライン オブジェクトはレベルの詳細範囲に埋め込まれ、YearMonth 別の売上高の QlikView 表からデータを取得します。

レポート エディターで新しい PixelPerfect レポートを作成する

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting メイン メニューで [レポート] を選択してから、[レポートの作成] をクリックします。
  2. レポートに [タイトル] を入力します。 PixelPerfect Report Displaying Sparklines
  3. [タイプ] ドロップダウン リストから [PixelPerfect] を選択します。
  4. [アプリ] ドロップダウン リストからアプリを選択します。
  5. [作成] をクリックしてレポートを作成します。
  6. [テンプレートの編集] をクリックして [テンプレート エディター] を開きます。

選択レベル ウィンドウを開く

最初に、Salesman レベルを作成します。

以下を実行します。

  1. [レベル] ノードを右クリックし、[レベルの追加] をクリックします。
  2. 必要なオブジェクトが含まれる QlikView ドキュメントへの [接続] を選択します。
  3. オブジェクト リストから Total Salesman Sales - CH327 を選択します。

  4. [OK] をクリックします。

スパークライン データ ソースをテーブルとして追加する

次に、スパークラインのデータ ソースを追加します。

以下を実行します。

  1. [] ノードを右クリックし、[オブジェクトの追加] を選択します。

オブジェクトを表として選択する

以下を実行します。

  1. 必要なオブジェクトが含まれる QlikView ドキュメントへの [接続] を選択します。
  2. Sales by YearMonthNum - CH326 を選択します。

  3. [OK] をクリックします。

テンプレートの詳細レベルを作成する

以下を実行します。

  1. [Detail] バーの [Detail] ドロップダウン リストを右クリックしてから、[Insert Detail Report] を選択します。
  2. CH327_Level を選択します。

表ヘッダーと範囲を作成する

以下を実行します。

  1. Detail Report - "CH327_Level" ドロップダウン リストを右クリックしてから、Insert Band を選択します。
  2. [GroupHeader] をクリックします。

表の行を作成する

以下を実行します。

  1. CH327_Level ノードを展開します。
  2. Salesman および Total Sales フィールドを選択してから、それらを Detail1 範囲にドラッグアンドドロップします。
  3. 選択したセル ブロックの右の枠線を左にドラッグし、スパークライン セルのスペースを空けます。

表示可能なセルの枠線をレンダリングする

以下を実行します。

  1. Property GridAppearance の下にある、Borders 属性を選択します。
  2. ドロップダウン リストを開き、ドロップダウン ボタンをクリックしてから、All を選択します。
  3. もう一度ドロップダウン ボタンをクリックして変更を承認します。

FormatString ウィンドウを開く

以下を実行します。

  1. [CH327_Level.Total Sales] セルを選択します。
  2. セルの右上隅にある山カッコ (>) をクリックします。
  3. Format String フィールドの一番右にある参照ボタンをクリックします。

合計売上高列の書式設定

以下を実行します。

  1. Category の下で、Currency を選択します。
  2. Custom タブを選択します。
  3. $ #,##0」と入力します。
  4. [OK] をクリックします。

スパークライン要素の埋め込み

スパークライン ツールを使用して、テンプレート内にスパークラインを作成できます。[Property Grid] で、スパークラインの外観をカスタマイズできます。

以下を実行します。

  1. Tool Box から Sparkline オブジェクトを選択します。このオブジェクトは一般的には右側に連結されていますが、フロート状態にすることができ、便利な場所に配置できます。
  2. Detail 範囲にドラッグし、以前埋め込まれていたセルの右にドロップします。
  3. Sparkline セルの右の枠線を右の余白にドラッグします。
  4. Sparkline セルの右上隅にある山カッコ (>) をクリックし、Sparkline Tasks ウィンドウを開きます。
  5. Data Member ドロップダウン リストを開き、CH326 を選択します。
  6. Value Member ドロップダウン リストを開き、次に CH326 の下にある Sales1 を選択します。
  7. View 設定を Line のままにします。
  8. Sparkline Tasks ポップアップ ウィンドウを閉じるには、Sparkline セルの右上にある山かっこ (<) をもう一度クリックします。

表示可能な下および右の枠線をレンダリングする

以下を実行します。

  1. Sparkline セルが選択されていることを確認します。
  2. Property GridAppearance の下にある、Borders 属性を選択します。
  3. Borders フィールドの右にある下向き三角形をクリックし、ドロップダウン リストを開きます。
  4. Bottom および Right の枠線を選択し、ドロップダウン ボタン (以前の手順のとおり) をクリックして変更を承認します。

ビューの構成

以下を実行します。

  1. Appearance セクションで属性の View グループ リストを展開します。
  2. Highlight Max PointYes に設定します。
  3. Highlight Min PointYes に設定します。
  4. Max Point ColorGreen (0, 192, 0) または希望する色に設定します。
  5. Min Point ColorRed (192, 0, 0) または希望する色に設定します。

表ヘッダーを作成する

以下を実行します。

  1. Tool Box から Table オブジェクトをドラッグし、GroupHeader1 範囲にドロップします。
  2. フォントをArial12pxBoldCentered に設定します。
  3. セルの右の枠線をドラッグし、Detail1 範囲で選択した枠線に合わせます。
  4. Borders プロパティを使用して (このセクションで前述したとおり) All セルの枠線を追加します。
  5. 次の列見出しを入力します: SalesmanTotal SalesMonthly Sales Chart
  6. GroupHeader1 および Detail1 範囲の下側の枠線を上にドラッグし、それぞれ Heading および Data セルの下側の枠線と一致させて最終レポートの空白スペースをなくします。

プレビューと保存

以下を実行します。

  1. [プレビュー] をクリックします。
  2. レポートをチェックして閉じ、必要に応じてテンプレートを再度編集します。
  3. [保存して閉じる] をクリックしてテンプレートを保存し、[テンプレート エディター] を閉じます。