接続メタデータのリロード

接続メタデータにはリンクされた QlikView ドキュメントまたは Qlik Sense アプリのデータと構造に関する情報が含まれています。

新しい接続が作成されると、Qlik NPrinting は自動的にメタデータをアップロードします。メタデータはまた、Qlik NPrinting に接続されている QlikView ドキュメントや Qlik Sense アプリのデータ構造やコンテンツを変更した場合にもその都度更新する必要があります。これにより、変更内容が常に Qlik NPrinting で認識された状態を維持できます。

メタデータをリロードすると、該当の接続に関連付けられた Qlik NPrinting Engine で実行中の QV.exe の全インスタンスが自動的に停止し、更新のために再起動します。既存のレポートは自動的に再実行されないため、古いデータが含まれている可能性があります。メタデータをリロードした後で実行されたレポートには更新されたデータが含まれます。

接続ステータスの種類

[キャッシュ ステータス] 列には設定されている各接続に対して次のいずれかの値が表示されます:

  • Never generated (未生成): 接続は一度も開かれていません。
  • Pending (ペンディング):Qlik NPrinting は現在接続を試行中です。
  • Generating (生成中):Qlik NPrinting の接続が確立されており、現在メタデータをインポート中です。
  • Generated (生成済み): すべての Qlik NPrinting エンジンの接続に成功しました。
  • Error (エラー): すべての利用可能なエンジンで接続エラーが発生しています。Qlik NPrinting scheduler service はエラーが発生してから 2 分後に再度接続を試みます。

[接続の状態] 列には設定されている各接続に対して次の値のいずれかが表示されます:

  • すべての NPrinting エンジンの接続に成功しました。
  • 警告: 1 つ以上のエンジンが動作していません。
  • すべての NPrinting エンジンの接続に失敗しました。

トラブルシューティング

警告エラー接続エラー のステータスはいくつかの方法で解消できます。まず、トラブルシューティングする接続を開き、[確認の実行] ボタンをクリックします。これにより当てはまる可能性のある問題の一覧が表示されます。これは、Qlik Sense 証明書が正しくインストールされていないために承認エラーとなった場合の例です:

また確認事項として以下も挙げられます:

  • 接続プロパティ: たとえば、QlikView ドキュメント パス、ユーザー名、およびパスワードを確認します。Qlik Sense で、Qlik NPrinting Engine コンピューターに証明書が存在するかをチェックします。
  • Qlik NPrinting Engine のインストールと設定: たとえば、QlikView Desktop 12 のエンジンは QlikView 11.2 サーバー上のドキュメントを開けません。また、サービスを実行している Windows ユーザーに対する有効なライセンスが QlikView Desktop にあることを確認してください。

問題を解決した後には必ず、キャッシュ生成を再実行するか、タスクを実行してください。

以下は接続エラーの一般的な原因です:

メタデータの手動リロード

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [アプリ] ドロップダウン リストをクリックし、[接続] をクリックします。

    [最終キャッシュ更新] 列のエントリを確認します。[最終キャッシュ更新] 値が「-」になっている場合はメタデータを更新します。

  2. 接続名をクリックして接続を再度開きます。
  3. [メタデータのリロード] をクリックします。

    ステータス「キャッシュ ステータス - 生成中」が表示されます。つまり、Qlik NPrintingQlik Sense または QlikView に接続し、メタデータをインポートします。アプリまたはドキュメントの容量が大きい場合、これには数分かかる場合があります。

  4. キャッシュ ステータスが [生成済み] になったら、新しいレポート テンプレートを作成できます。ステータスが [エラー] になった場合は接続情報を確認します。

接続メタデータが更新されました。これで、これらの接続に関連するレポートを作成または更新できます。

スケジュールされたトリガー経由でのメタデータのリロード

トリガーを作成して、定期的なメタデータのリロードのスケジュールを設定できます。

以下を実行します。

  1. メイン メニューで [アプリ] ドロップダウン リストをクリックし、[接続] をクリックします。
  2. 接続名をクリックして接続を再度開きます。
  3. [トリガー] ボタンをクリックします。
  4. [トリガーの作成] をクリックします。
  5. トリガーの名前を入力します。
  6. [スケジュールの種類] と [時間] を選択します。
  7. [開始日] と [タイムゾーン] を設定します。
  8. [有効] ボタンをクリックします。
  9. [作成] ボタンをクリックします。

メタデータはこれで、設定に基づき自動的にリロードされます。