Excel レポートを作成する Qlik NPrinting 機能

以下の例では、QlikView オブジェクトを使用して Excel を作成した場合の Qlik NPrinting 機能を示しています。また、Qlik Sense オブジェクトを使用することもできます。

  • Excel レポートには 3 つの QlikView レポートが (2 つは画像、1 つは表として) 埋め込まれます。
  • Quarter レベルでヘッダーとともに Quarter レベルおよび <Quarter> タグがサイクルに追加されます。
  • Excel レポートがタイトル付きの 3 ページとなるよう、ページおよびページ変数タグがレポートに追加されます。

新規 Excel レポートの作成

以下を実行します。

  1. Qlik NPrinting メイン メニューで [レポート] を選択してから、[レポートの作成] をクリックします。
  2. レポートに [タイトル] を入力します。ここでは、「Excel report features overview」と入力します。
  3. [タイプ] ドロップダウン リストで [Excel] を選択します。
  4. [アプリ] ドロップダウン リストで Sales Demo を選択します。
  5. [作成] をクリックします。
  6. [テンプレートの編集] をクリックして [テンプレート エディター] を開きます。

QlikView オブジェクトを画像として追加する

QlikView オブジェクトを画像としてインポートできます。最終レポートには、各 QlikView オブジェクトの画像が含まれます。画像はオリジナルと同じように表示されます。たとえば、元の QlikView オブジェクトサイド スクロール バーがある場合は、レポートにも表示されます。また、QlikView シート全体を画像としてインポートすることもできます。

画像としてインポートされたオブジェクトに含まれるデータは、最終レポートでは編集できません。

以下を実行します。

  1. [画像] ノードを右クリックし、[オブジェクトの追加] を選択します。
  2. [オブジェクトの選択] ウィンドウで、テンプレートに画像として埋め込む QlikView オブジェクトの CH318 および CH317 を選択します。

  3. [OK] をクリックします。
  4. 必要に応じて [+] をクリックし、左ペインの [画像] ノードを展開します。
  5. [CH318] および [CH317] ノード トークンを 1 つずつテンプレートにドラッグし、それぞれ独自のセルにドロップします。

    画像は横に並べて埋め込むこともできます。

  6. [アクション] グループの [プレビュー] をクリックし、テンプレートのネイティブの書式設定で結果を表示します。
  7. テンプレートを閉じてから、必要に応じてテンプレートを編集します。

    特定のアウトプット形式をプレビューするには、[プレビュー] アイコンの下矢印をクリックします。

QlikView オブジェクトを表として追加する

表として追加された QlikView オブジェクトは、QlikView と全く同じ様に表示することも、書式設定の一部または全部を変更することもできます。データは変更可能です。

以下を実行します。

  1. 左ペインで [] ノードを右クリックします。
  2. [オブジェクトの追加] を選択します。
  3. [オブジェクトの選択] ウィンドウで [CH319] を選択します。
  4. [OK] をクリックします。

QlikView オブジェクトを表として埋め込む

Qlik NPrinting は元の QlikView 表の書式設定を保持します。

以下を実行します。

  1. 必要に応じて [+] をクリックし、左ペインの [] ノードを展開します。
  2. [CH184] ノード トークンをドラッグし、画像タグの下のテンプレート内にある空のセルにドロップします。
  3. [プレビュー] をクリックして新しいプレビューを実行します。
  4. テンプレートを閉じてから、必要に応じてテンプレートを編集します。

ピボットテーブルにはコンポーネント テーブルはありませんが、ストレート テーブルは展開して、コンポーネント列ノードを表示することができます。列ノードは個別に埋め込むことも、別のテーブルのコンポーネントとして使用することもできます。

レベルの追加

レベルは、レベル フィールドの値を通じてサイクルされる表とグラフを作成します。各レベル フィールドの結果は順に表示されます。

QlikView フィールドを [レベル] ノードに追加できます。また、追加されたオブジェクトの行を通じてサイクルされる QlikView オブジェクトを追加することもできます。

以下を実行します。

  1. [レベル] ノードを右クリックし、[レベルの追加] をクリックします。
  2. [レベルの選択] リストから [Quarter] を選択します。

  3. [OK] をクリックします。
  4. Quarter_Level ノード トークンをテンプレートにドラッグし、縦に 3 つ連続した空のセルにドロップします。

レベルをネストさせ、より複雑な階層を作成することができます。

Quarter_Level タグを位置変更して範囲を定義する

  1. 次のルールに従ってレベル タグを移動します。
    • <Quarter_Level> 開始タグは、レベルでサイクルされるタグを取得するすべての行の上の行に入れる必要があります。レベルでサイクルさせるタグを含む列よりも左、または同じ列内に配置する必要があります。
    • </Quarter_Level> 終了タグは、レベルでサイクルされるタグを取得するすべての行の下の行に配置する必要があります。
    • レベル範囲に含まれる空の行は、レベル タグを含む行を除いてレポートに表示されます。レベル タグは削除されます。
    • レベル ノードをクリックしてレベル範囲を検証できます。レベル範囲が枠線で表示され、ハイライトされます。
  2. 必要に応じて + をクリックし、左ペインの Quarter_Level ノードを展開します。
  3. Quarter ノード トークンをテンプレートにドラッグし、未使用のセルにドロップします。

Quarter タグは、グラフや表に表示されるデータに関連した四半期として表示されます。Excel 書式設定機能を使用して、希望どおり書式設定を行います。

結果のプレビュー

以下を実行します。

  1. [プレビュー] アイコンをクリックし、Quarter レベルでレポートを表示します。
  2. Excel を閉じて続行します。

複数のページの公開: ページを選択する

QlikView フィールドの各値を [ページ] ノードに追加し、フィールドの各値に対して Excel ワークシートを作成できます。ページ機能は、フィールドをノードに追加した時点でアクティブとなっているワークシートに適用されます。

各ワークシートには 1 ページのみを適用できます。2 つのフィールドの各組合せに対してワークシートを作成する場合は、元のフィールドを連結させ、[ページ] ノードに追加して新しい QlikView フィールドを作成する必要があります。同じレポートの別のワークシートに別のページを追加できます。

たとえば、毎年 1 ページを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [ページ] ノードを右クリックし、[ページを現在のシートに追加] をクリックします。
  2. [ページの選択] ウィンドウのリストから [Year] ページを選択します。
  3. [OK] をクリックします。
  4. Year_Page ノードをクリックし、ページに含まれるオブジェクトを確認できます。

    ページ範囲が枠線で表示され、ハイライトされます。

    注: ツリー ビュー内でクリックするタグは、アクティブなワークシートに含まれている必要があります。ツリー ビューを使用して、別のワークシートの特定のページ タグを検索することはできません。代わりに Excel 検索機能を使用します。
  5. [+] をクリックし、左ペインの [ページ] ノードを展開します。
  6. [+] をクリックし、左ペインの [Year_Page] ノードを展開します。
  7. Year ノード トークンをドラッグし、テンプレートの空のセルにドロップします。必要に応じて書式設定を行います。

    レポートが作成され、タイトルに年が入り、各年度ごとに 1 ページを使用します。

プレビューと保存

以下を実行します。

  1. [プレビュー] をクリックします。
  2. レポートをチェックして閉じ、必要に応じてテンプレートを再度編集します。
  3. [保存して閉じる] をクリックしてテンプレートを保存し、[テンプレート エディター] を閉じます。