Excel レポート

Qlik NPrinting では QlikView および Qlik Sense のデータを Excel ワークブックにエクスポートすることができます。Excel ワークブックはレポートが生成されると同時に更新されます。受信者、レポート、タスクに基づいてデータがフィルターされます。生成されたレポートにはフィルターされたデータのみが保存されます。

Excel レポートを生成し、次の出力形式で共有することができます。 xlsx, .xls, .xlsm, .tiff, .pdf, .html.

注: Microsoft Office の信頼設定でマクロを無効にしてある場合は、(.xls および .xlsm ファイル内の) Excel マクロは Qlik NPrinting Designer では実行されません。これが Excel での既定設定です。Excel でこれを変更するには、オプション > 信頼センター > 信頼センター設定 > マクロ設定 の順に選択して変更します。

高度な Excel レポート

QlikView および Qlik Sense オブジェクトをシートに埋め込み、プレビュー機能を使用して編集を簡素化できます。オブジェクトをテーブルまたは画像として挿入し、複数レベルのレポートを作成し、レベルをネストし、合計と小計を表示し、その他多くのことを行うことができます。

Excel グラフ

元のドキュメントには該当のチャートがなかった場合でも、データを使用して、レポートにネイティブの Excel チャートを追加することが可能です。

計算された列

元のドキュメントに存在しない列を新規に作成することが可能です。新規の列では数式を使用して他の列の値を計算できます。計算された列はレベルまたは Excel テーブルを使用して作成されます。

Excel ピボットテーブル

受信者が操作することのできる Excel ピボットテーブルでデータを提示します。QlikView または Qlik Sense のデータ ソースはストレート テーブルでなければなりません。ピボットテーブルのデータはストレート テーブルに変換されている必要があります。

Excel 書式設定

Excel の書式設定ツールを使用してレポートをデザインすることが可能です。レポート生成用テンプレートを作成するときに、元のドキュメントと同じ書式設定を使用して情報を提示できます。既定では、Qlik NPrinting はインポートされたオブジェクトの元の書式の保持を試みます。Excel の書式設定も使用できます。

オブジェクトからセル値をインポートする

QlikView または Qlik Sense オブジェクトから 1 つ以上のセル値を Excel レポートにインポートすることが可能です。この機能は WordPowerPointHTMLPixelPerfect レポートでも対応されています。