メイン コンテンツをスキップする

チュートリアル:初心者向けスクリプト作成

このチュートリアルでは、Qlik Sense での基礎的なスクリプト作成の方法をご紹介します。

Qlik Sense のアプリでビジュアライゼーションを作成するには、データをロードする必要があります。ロード スクリプトの使い方を理解すると、アプリにデータをロードする際に、データを準備および操作できます。

データ マネージャーまたはデータ ロード エディターを使用して、データをロードできます。データ ロード スクリプトの作成、編集、実行には、データ ロード エディターを使用します。

学習内容

このチュートリアルを完了すると、スクリプトを使用したデータのロード、スクリプトの編集、データの変換が簡単に行えるようになります。

対象ユーザー

Qlik Sense の基本を習得している必要があります。具体的には、アプリとビジュアライゼーションの作成経験が必要です。

データ ロード エディターへのアクセス権があり、SaaS editions of Qlik Sense でデータをロードできる必要があります。

始める前に必要な準備

パッケージをダウンロードしてデスクトップに解凍します。

初心者向けスクリプト作成チュートリアル

パッケージには、チュートリアルを完了するために必要な次のデータ ファイルが含まれています。

  • Customers.xlsx
  • Dates.xlsx
  • Region.txt
  • Sales.xlsx

また、このパッケージには、Scripting Tutorial (スクリプト作成チュートリアル) アプリのコピーが含まれています。Qlik Sense Enterprise SaaS のハブにアプリをアップロードできます。

学習効果を最大限に高めるため、チュートリアルの説明どおりに自分自身でアプリを構築することを推奨します。また、データ ロードを機能させるには、チュートリアルの説明どおりに、データ ファイルをアップロードしてデータ ファイルに接続する必要があります。

ただし、問題が発生した場合は、アプリがトラブルシューティングに役立つ場合があります。各レッスンにどのスクリプト セグメントが関連しているのかを示しました。

このチュートリアルでのレッスン

Qlik Sense の使用経験により異なりますが、このチュートリアルの所要時間は 3 ~ 4 時間です。トピックは、順番に完了するよう構成されています。ただし、トピックをとばして、後で戻ることもできます。幸い、テストはありません。

追加の資料とリソース

お客様のご意見は重要です

フィードバックをお待ちしています。以下のセクションを使用して、弊社へのフィードバックをお知らせください。