メイン コンテンツをスキップする
お知らせバナーを閉じる

データの管理

Qlik Sense アプリにビジュアライゼーションを作成する前に、データ ソースに接続する必要があります。データ マネージャーにあるデータは、プレビューや操作ができます。準備ができれば、データをアプリにロードすることができます。

データへの接続

データがコンピューターのファイルにある場合は、[DataFiles] を使用して、データをクラウドにアップロードできます。

アップロード済みのデータ ファイルからのデータの追加

データがデータベースにある場合は、コネクターを使用できます。

データ ソースへの接続

共有スペースで作業している場合は、データ ファイルと接続を共有スペースに直接追加できます。

スペース内でのデータ ソースの管理

データの追加とロード

データに接続した後、Qlik Sense はデータ マネージャー関連付けウィンドウでプレビューを表示します。データ ソースのさらなる追加、データの変換、テーブルの関連付けができます。

データの準備が完了したら、[データのロード] ボタンをクリックします。これで、データを使用してアプリでビジュアライゼーションを作成することができます。

新しいデータ ソースからデータを追加する

上級ユーザー

データ ロード スクリプトを使用したデータのロード

さらに上級のユーザーは、データ ロード スクリプトを使用できます。

試せること:

Qlik DataTransfer を使用したオンプレミス データのアップロード

SaaS editions of Qlik Sense にアクセスできないオンプレミス データ ソースがある場合は、Qlik DataTransfer を使用してデータをアップロードできます。

データを調べる

データ モデルの確認

データをより深く調べたいですか? データ モデル ビューアを使用します。

データ モデリングのベスト プラクティス

データのモデリング時に考慮する点のいくつかをここに示します。

問題がありますか?