メイン コンテンツをスキップする

異なるエディションの Qlik Sense の使用

Qlik Sense は、クライアント管理または SaaS ソリューションとして利用できます。Microsoft Windows または SaaS クラウドインフラストラクチャ に展開することができます。これらのプラットフォームには、わずかな機能の違いがあります。

クライアント管理バージョンの Qlik SenseMicrosoft Windows で利用できます。Qlik Sense Enterprise on Windows はオンプレミスまたはクラウドに展開できます。

クラウドハブでのアプリの整理

クラウドハブ内のアプリにタグ付けして、関連するアプリをまとめて表示するようにできます。アプリにタグ付けして、タグに基づいてコレクションを作成できます。他のユーザーがアプリを表示できる場合、そのアプリのすべてのタグを表示することができます。ただし、アプリにタグを追加するためには、アプリに対する編集権限が必要になります。

共有スペースでアプリを共同開発する

Windows

アプリをストリームで共同開発します。ストリーム内で編集権限のあるユーザーは、公開しているアプリにプライベート シート、ストーリー、そしてブックマークを追加できます。これらのアイテムは公開することで、アプリ内の他のユーザーが利用可能になります。これらのコミュニティアイテムは、アプリの基本アイテムに含まれるよう、アプリの所有者によって承認されます。基本アイテムは、アプリが他のユーザーによってコピーまたはダウンロードされたときに含まれます。

Qlik Sense SaaS

アプリをスペースで共同開発します。共有スペース内で編集権限のあるユーザーは、プライベート シート、ストーリー、ブックマークをスペース内のアプリに追加できます。編集権限のあるユーザーは、それらのシート、ストーリー、およびブックマークを公開することができます。これらのアイテムは、承認を受けるためにコミュニティ セクションに追加するのではなく、アプリの公開アイテムに直接追加され、アプリがコピーまたはエクスポートされるときに含まれます。スペース内で編集権限のあるユーザーは、公開アイテムを非公開にすることで、そのアイテムの所有権をさらに引き継ぐことができます。

ハブでのアプリのリロード

Windows

アプリのロード スケジュールを作成したい場合は、ユーザーやユーザーの管理者が Qlik Management Console でロード タスクを作成する必要があります。ハブに直接アプリをリロードすることもできます。

Qlik Sense SaaS

アプリの所有者はクラウドハブから直接アプリのリロードとロードnスケジュールの作成を両方行うことができます。

スペースを利用して、アプリへのアクセスを制御する

Windows

公開されているアプリをストリームに公開することで、そのアプリへのアクセスを制御します。ストリームは QMC で作成され、ストリームへのアクセスは QMC で設定されます。公開されているアプリには、公開後のコンテンツ追加方法に制限があります。アプリの更新は、アプリを複製して変更を加えた後、アプリを再公開することで実行可能です。シートは承認することで、公開されたアプリの基本シートに追加できます。

[作業] の未公開アプリはアプリ作成者にのみ表示され、完成した時点でストリームに公開されます。

Qlik Sense SaaS

未公開または公開済みアプリという概念はありません。ユーザーは自分のアプリを、共有スペースを使用して他のユーザーと直接共有できます。共有アプリは、所有者によって継続的に修正および変更される可能性があります。

Professional ライセンスを所有しているユーザーも、共有スペースを作成できます。ストリームとは異なり、ユーザーはクラウドハブに直接共有スペースを作成できます。共有スペースでは、アプリへのアクセス制御ができます。共有スペースのユーザーには、所有者、管理者、編集者、または閲覧者の役割が割り振られているため、スペース内でも、その中のアプリでも実行可能な操作が制御されています。共有スペースでの権限の管理」および「管理スペースでの権限の管理」を参照してください。