メイン コンテンツをスキップする

QVD テーブルを生成するためのデータアセットの作成

Data Services ホームでストレージデータアセットを作成します。ストレージデータアセットは、Amazon S3 バケットからデータをピックアップし、QVD テーブルに変換して保存します。テーブルは、Qlik Cloud が管理するストレージや自分が管理するストレージに保存することができます。データは、オンプレミスのデータソースから継続的に更新されます。

  1. Data Integration ホーム で [新規追加] をクリックし、[データアセットの作成] を選択します。
  2. [データアセットの作成] ダイアログで、次のフィールドに入力します:

    • 名前:データアセットの名前。

    • スペース:データアセットの保存先スペースを指定します。

    • アセット タイプストレージ (QVD) を選択します。

    • [開く] を選択して、作成されたときに、データアセットを開きます。

    準備ができたら、[作成] をクリックします。

  3. [ソース データの選択] をクリックします。

  4. ストレージデータアセットのソースとして使用するランディングデータアセットを選択し、 [選択] をクリックします。Amazon S3 ランディング データ アセットのみを選択できます。

    [ソースとストレージの設定] ダイアログが表示されます。

  5. ソース

    ランディングデータアセットで使用する Amazon S3 バケットへのデータ接続を選択します。これは、Replicate タスクの対象エンドポイントで定義されているバケットと同じです。接続は、Qlik Cloud テナントからの読み取りアクセスを使用する必要があります。

    データ接続が無い場合、作成する必要があります。詳細については、[Amazon S3 (英語のみ)] を参照してください。

  6. ストレージ

    QVD テーブルを保存する場所を選択します。

    • Qlik 管理ストレージ

    • 顧客管理ストレージ

      自分で管理する Amazon S3QVD テーブルを保存することができます。ストレージに使用する Amazon S3 バケットへのデータ接続を選択します。接続は、Qlik Cloud テナントからの書き込みアクセスを使用する必要があります。

      データ接続が無い場合、作成する必要があります。詳細については、[Amazon S3 (英語のみ)] を参照してください。

  7. 使用するフォルダ:

    QVD テーブルを保存する時に使用するフォルダーを選択します。フォルダが存在しない場合は、データ アセットを実行したときに作成されます。[ルート] を選択すると、QVD テーブルをバケットのルートに保存できます。

    [顧客管理ストレージ] を選択した場合、フォルダ名は Amazon S3 の命名ガイドラインに従って有効である必要があります。

    警告: 別のデータ アセットと同じフォルダを使用しないでください。これにより、2 つのデータ アセットが相互に QVD テーブルを上書きする可能性があります。
  8. [OK] をクリックして設定を確認します。QVD テーブルの生成を開始する前に、テーブルの構造をプレビューできます。

  9. [保存] をクリックしてデータアセットを保存します。

  10. [実行] をクリックしてQVD テーブルの生成を開始します。

実行中のデータアセットのランディングを使用して、既にランディングデータのフルロードを実行している場合、QVD テーブルが生成されます。

注: 各テーブルに最初のバッチを実行すると、行の更新時刻を含む 「タイムスタンプ」 という名前の新しいカラムがテーブルに追加されます。

初回のロードが完了する前の変更バッチがある場合は、初回のロードが完了して変更の最初のバッチが適用されるまで、アセットカード内のデータは更新されません。

例えば、100 万件の注文を含む注文テーブルと 1,000 万件の注文詳細を含む注文詳細テーブルを含むデータ アセットをロードするとします。テーブルは、フルロードを実行するのにそれぞれ 10 分と 20 分かかります。注文テーブルが最初にロードされ、次に注文の詳細がロードされます。注文テーブルのロード中に、新しい注文が挿入されました。そのため、注文の詳細がロードされると、注文テーブルにまだ存在しない新しい注文の詳細が含まれている可能性があります。変更の最初のバッチが適用された後でのみ、注文と注文テーブルが同期され、同じ時間に完全に更新されます。

QVD テーブルは Qlik Sense ハブの [カタログ] の下にあります。データセットを表示するには、[タイプ] の [データ] を選択します。