メイン コンテンツをスキップする

ハイブリッド データ配信で生成されたテーブルを使用した分析アプリの作成

ストレージ データアセットで作成したテーブルは、分析アプリで使用することができます。テーブルは、Qlik Sense ハブで使用できます。

次の場所でも Snowflake テーブルを使用できます。

  • On-Demand アプリ。

  • ダイナミック ビュー

  • サードパーティ製アプリケーション

ハイブリッド データ配信で生成された QVD テーブルからのアプリの作成

[カタログ] をクリックし、[タイプ] で [データ] を選択してテーブルを表示します。

テーブルに関する情報を表示するには、テーブルの [詳細] をクリックします。QVD ストレージを自分で管理する場合は、[データからアプリを作成] または [データ プロファイル] を使用する前にテーブルを接続する必要があります。

  • データ プロファイルに関する情報を表示するには、[データ プロファイル] をクリックします。

  • [データからアプリを作成] をクリックして、テーブルに基づいて新しい分析アプリを作成します。

分析アプリ作成の詳細については、「アプリの作成とデータの追加」を参照してください。

QVD テーブルの接続

Qlik 管理ストレージを使用するのではなく、ストレージを自分で管理する場合は、[データからアプリを作成] または [データ プロファイル] を使用する前にデータセットを接続する必要があります。

  1. テーブルを開きます。

  2. [データセットに接続] をクリックします。

    [データセットへの接続] 設定が表示されます。[バケット名] は既に入力されています。

  3. 表示されたバケットの [アクセス キー] と [秘密キー] を追加します。

  4. [データセットに接続] をクリックします。

これで、次のことができるようになります。

  • データ プロファイルに関する情報を表示するには、[データ プロファイル] をクリックします。

  • [データからアプリを作成] をクリックして、QVD テーブルに基づいて新しい分析アプリを作成します。

ハイブリッド データ配信で生成された Snowflake テーブルの使用

  1. 生成されたテーブルが格納されている Snowflake データベースに接続していることを確認してください。

    詳細については、[Snowflake 接続の作成 (英語のみ)] を参照してください。

  2. Snowflake データベースに接続し、必要なビューをアプリに追加します。

    詳細については、[Snowflakeデータベースからのデータの選択とロード (英語のみ)] を参照してください。

データを読み取るときは、物理ストレージ テーブルの代わりにビューを使用することをお勧めします。テーブルとビューの詳細については、Snowflake で生成される テーブルとビューの構造 を参照してください。

データのリロード

テーブルは、データ ソースと同期するようにデータ アセットによって継続的に更新されますが、テーブルを使用するアプリは自動的に更新されません。アプリが準備できたら、リロード スケジュールを作成して、アプリのデータを継続的に更新する必要があります。リロードスケジュールのタイミングを考慮する必要があります。可能な場合、テーブルが最新データで更新されている可能性が高いタイミングでアプリをリロードすることを推奨します。

詳細については、「クラウド ハブでのアプリ データのロード」を参照してください。

注: アプリが新しいデータを取得するたびに、すべてのビジュアライゼーションを再計算する必要があります。
警告: ソースで利用できなくなったトランザクション履歴を保持している場合、アプリをリロードするとこのデータは失われます。