メイン コンテンツをスキップする

影響分析の管理

影響分析は、データセットまたはアプリの系統のグラフィック ビューをユーザーに提供します。

影響分析は、アプリやデータセットに出入りするデータの流れを系統グラフで表示します。系統グラフでは、データセットまたはアプリがノードとして、入力と出力は、データ系列のフローを示す矢印でリンクされたその他のノードとして表示されます。影響分析の詳細については、影響分析を使用したデータの系列分析 (英語のみ) を参照してください。

各ノードはデータ系統内のデータセットまたはアプリの名前を表示します。ユーザーはノードを選択して、スペースでビュー アクセス権を持つノードの詳細とメタデータを表示できます。

警告:

データセットまたはアプリの名前に機密情報が含まれている場合は、影響分析を有効にしないでください。

各アプリとデータセットの影響分析は、アプリがデータをロードするときに作成されます。テナントの影響分析をオンにした後、アプリのリロード スケジュールによっては、系統グラフが利用可能になるまでに時間がかかる場合があります。

  1. [構成] > [設定] > [機能の管理] に移動します。

  2. [影響分析をオンにする] トグルをクリックして、テナントの影響分析をオンにします。