メイン コンテンツをスキップする
Forts コンソール

このページ上

Forts コンソール

Forts コンソールは、Fort の管理と監視に利用することができます。Fort を展開するユーザーが最初の管理者になり、administrator および monitor ロールを他のユーザーに割り当てることができます。Forts コンソールにアクセスできるのは、administraotr と monitor だけです。monirot は、 「Status(ステータス)」 ページにのみアクセスできます。

Forts コンソールURL: https://<fort ip or hostname>:3443。このURLは、Forts コンソール構成 セクションでも使用できます。

情報メモForts コンソール に使用される資格情報は、SaaSテナントの資格情報から完全に分離されています。これらはForts コンソールのローカルに存在するため、Fort がインターネットにアクセスできない場合でも管理を実施することができます。
情報メモ新しいForts コンソールのデフォルトのユーザ名とパスワードはadmin/adminです。 初回ログイン時にパスワードを変更する必要があります。

Forts コンソール スタート ページ

Forts コンソールの開始ページには、Fort のステータスが表示されます

Forts コンソールのセクション

Forts コンソールには、ステータスユーザー構成サポート のセクションがあります。

ステータス

ステータスページには、Fort の健全性を示す数値が表示されます。CPUメモリ、またはディスクの使用率の数値が高い場合は、通常、VM ホストのリソースを増やすなどのアクションが必要になります。テナント ping を使用すると、Qlik Cloudへの接続状況が一目でわかります。このセクションのエラーは、ネットワーク接続が切断されたことを意味する場合があります。ネットワーク構成を確認してください。Fort Servicesには、Fort で稼働しているサービスの数と健全性が表示されます。このセクションのエラーは、Fort の機能が制限されていることを意味する場合があります。Fortの再起動をお試しいただくか、サポートまでお問合せください。

Forts コンソール ステータスページ

Fortのコンポーネントとサービスの健全性を示す値

ユーザー

ユーザーセクションにアクセスできるのは、administraotr だけです。新規ユーザーの作成、ロールの割り当て、既存のユーザーの編集および削除を行うことができます。

構成

構成ページには、Fort 名と URL、テナントの URL が表示されます。プロキシまたは TLS 証明書を構成するためのオプションがあります。

プロキシ設定を使用すると、カスタム http/https プロキシを定義することができます。これは、ネットワーク内からの外部トラフィックに必要な場合があります。[Ignore Hosts] を使用すると、これらのプロキシ設定を使用しないホストを定義することができます。

[TLS Certificates configuration] を使用すると、組織によって信頼されるカスタム TLS 証明書を定義することができます。デフォルトでは、Qlikが自己署名証明書を使用し、ユーザがこのFort内でアプリを操作しようとすると警告が表示される場合があります。

サポート

サポートセクションでは、調査のためのサポートバンドルを生成して、Qlik Support に送信することができます。また、Qlik Support までお問い合わせいただくこともできます。サポートバンドルには、問題の診断に役立つ Qlik Support に提供する指標とログが含まれています。サポートバンドルの生成には数分かかる場合があります

危険ゾーン

Fort で問題が発生している場合は、Fort を再起動する必要があります。再起動中は Fort を使用することはできません(アプリを開いたり編集したりすることはできません)。この処理には数分かかる場合があります。