メイン コンテンツをスキップする

Qlik Sense GeoOperations 機能

このページ上

Qlik Sense GeoOperations 機能

Qlik Sense GeoOperations は、Qlik での地理的分析を可能にする関数のツールボックスです。

機能、演算子、サポートされている形式のリストは次のとおりです。

機能

  • アドオン ライセンスでは、Qlik Cloud のスクリプト言語で利用できます。

  • Qlik で処理できるように、空間関係を抽出します。
  • 場所の時間検索をロードします (マップ チャートでの表示時間検索の代わりとして)。
  • クラスターまたはビン内のポイントの集約。
  • 次のように場所を指定します。
    • QlikGeoAnalytics および Qlik Sense と同じ形式の点、線、またはエリアのジオメトリ
    • [緯度] 項目と [経度] 項目
    • 名前付きのポイントまたはエリア
  • さまざまな形式から地理データをロードします。
  • Qlik に既にロードされているデータへの演算子を使用します。

幾何学的演算子

  • Closest – 別のデータセット内のすべてのオブジェクトから特定の距離よりも近い、データセット内の N 件の最も近いオブジェクトを検索します。直接距離または道路に沿った距離のいずれかを使用して計算します。
  • Intersects – 2 つのデータセットで交差するオブジェクトを検索します。また、交差するエリアの量も計算します。
  • Dissolve – カスタム エリアを作成します。例: Region A = Zip 1, 2, 5。Region B = Zip 3, 4, 6。
  • Within – 別のテーブルで指定されたエリア内にあるテーブル内のすべてのエンティティ間の関係を作成します。
  • Simplify – ジオメトリを一般化して、見栄えを良くし、ズーム アウトしたスケールでより速く使用できるようにします。ほとんどの外部データは、使用する前に簡素化する必要があります。

演算子の集約

  • Cluster – 指定されたしきい値距離内にあるポイントをグループ化します。多数のポイントを含むデータセットに役立ちます。
  • Binning – 六角形または長方形のビンを作成するクラスタリングの別の方法。

ルートベースの演算子

  • Closest – 別のデータセット内のすべてのオブジェクトから特定の距離よりも近い、データセット内の N 件の最も近いオブジェクトを検索します。直接距離または道路に沿った距離のいずれかを使用して計算します。
  • Routes – データセット内の原点と終点の間のルートと距離を取得します。
  • TravelAreas – 特定の時間または距離内でデータセットの原点から到達可能なエリアを取得します。既定では道路に沿って移動しますが、直接距離を使用することもできます。

演算子の検索

  • AddressPointLookup – 住所のポイントを取得します (つまり、フォワード ジオコーディング)。別の Qlik GeoCoding ライセンスが必要です。
  • PointToAddressLookup – ポイントに近い住所を取得します (つまり、リバース ジオコーディング)。別の Qlik GeoCoding ライセンスが必要です。
  • IpLookup – データに IP アドレスがある場合は、それらを地理的な場所として使用できます

その他の演算子

  • Load – サポートされているすべてのデータ ソース (例: シェープファイル、GeoJSON など) からデータをロードします

データ ソース形式

  • Loaded tables – Qlik にロードされたテーブルで動作します
  • QlikGeoAnalytics Location database – 国、行政区画、都市、郵便番号など、何百万ものポイントやエリアへのアクセスを提供します
  • ESRI Shape file – おそらく最も一般的な地理ファイル形式
  • ESRI JSON – ArcGISServer のサービスに簡単にアクセスできます
  • GeoJSON – 地理データの JSON ベースの形式
  • Separated text files – CSV などの単純なテキスト ファイル