日本語 Qlik Sense 3.1

自動取得項目

関連項目のグループがある場合、または軸またはメジャーの作成時に項目の情報を関連性のあるパーツに分解できる場合、自動取得項目の生成に使用できる項目定義を作成できます。たとえば、年、月、週番号、曜日といった複数の属性を取得する元となる日付項目を作成できます。これらのすべての属性はQlik Sense日付関数を使用して軸の数式で計算できますが、日付タイプのすべての項目に共通のカレンダー定義を作成することもできます。項目定義は、データ ロード スクリプトに記載します。

カレンダー項目定義の宣言

自動取得項目の定義を作成するには、Declareステートメントを使用します。このステートメントでは、項目のさまざまな属性を定義することができます。この場合は、日付関連の属性を定義します。各項目は、<expression> As field_name tagged tagのように記述されます。タグ (複数可) の設定は任意ですが、自動取得項目のソート順に影響を与える場合があります。自動取得項目の生成元のデータ項目を参照するには $1を使用します。

カレンダー項目定義の名前としてautoCalendarは使用しないでください。この名前は、自動生成されるカレンダー テンプレートとして予約済みです。
Calendar: DECLARE FIELD DEFINITION TAGGED '$date' Parameters first_month_of_year = 1 Fields Year($1) As Year Tagged ('$numeric'), Month($1) as Month Tagged ('$numeric'), Date($1) as Date Tagged ('$date'), Week($1) as Week Tagged ('$numeric'), Weekday($1) as Weekday Tagged ('$numeric'), DayNumberOfYear($1, first_month_of_year) as DayNumberOfYear Tagged ('$numeric') ;
 

参照先: Declare

Deriveを使用したカレンダーへのデータ項目のマッピング

次に、Deriveステートメントを使用して、既存のデータ項目をカレンダーにマッピングします。これで、自動取得項目が作成されます。これは、データ ロード スクリプトで以下の 3 つの方法で実行できます。

  • 項目名で特定の項目をマッピングする。

    DERIVE FIELDS FROM FIELDS OrderDate,ShippingDate USING Calendar;
  • 1 つまたは複数の特定の項目タグを持つすべての項目をマッピングする。

    DERIVE FIELDS FROM EXPLICIT TAGS '$date' USING Calendar;
  • 項目定義のタグのうちの 1 つによってタグ付けされたすべての項目をマッピングする (上の例の$date)。

    DERIVE FIELDS FROM IMPLICIT TAG USING Calendar;

この場合、ここで示す 3 つの例のいずれかを使用できます。

参照先: Derive

ビジュアライゼーションでの自動取得日付項目の使用

カレンダー定義を作成済みで項目が上の例のようにマッピングされている場合、Qlik Senseが自動取得日付項目を認識します。自動取得日付項目は、[項目] アセット パネルの [日付および時刻項目] セクションで利用できます。すべての自動取得項目は、数式エディタでも確認できます。また軸の作成、編集時にも確認できます。

参照先: 日付および時刻項目