Analytic connections

分析接続を使用すると、外部分析をビジネス ディスカバリと統合することができます。サーバー サイド拡張 (SSE) を使用して、サードパーティ エンジンの呼び出しに対応するように、数式フレームワークを拡張できます。ロード スクリプトとチャートの数式の両方について、外部計算エンジンによって組み込み数式ライブラリを拡張するようにサーバー サイド拡張 (SSE) を構成します。

Creating an analytic connection

For both QlikView Desktop and QlikView Server (QVS) , analytic connections are configured by editing the Settings.ini

注: QlikView Desktop must be closed before editing the Settings.ini file.
QlikView Server must be stopped before editing the Settings.ini file.
After adding new connections or changing existing connections, a restart is required for the changes to take effect.
注: Note that the server-side extension (SSE) plugin server must be running before you start QlikView otherwise the connection will not be established.

次の手順を実行します。

  1. Open the file Settings.ini.
    For QlikView Desktop it is located in C:\Users\username\AppData\Roaming\QlikTech\QlikView.
    For QlikView Server it is located in C:\ProgramData\QlikTech\QlikViewServer.
  2. Add the following configuration:

    [Settings 7]
    SSEPlugin=<PluginConfig>[;<PluginConfig>...]

    Where <PluginConfig> is a comma-separated list of configuration elements containing the following:

    <EngineName>,<Address>[,<PathToCertFile>,<RequestTimeout>,<ReconnectTimeout>]

 

プロパティ 説明
<EngineName> 分析接続の名前。一意でなければなりません。アプリの数式内から使用されるプラグインへのマッピング/alias。このプラグイン機能を使用するには <EngineName> が必要です。たとえば、Python プラグインの場合の SSEPython や R プラグインの場合の R などです。
<Address>

2 つの要素から構成されるコロン区切りのリスト。

<Host>: プラグインの DNS 名 (または IP アドレス)。

<Port>: プラグインの待ち受けポート。

<PathToCertFile> プラグインとのセキュアな通信に必要なクライアント証明書を含むフォルダーへのファイル システム パス。このパスは、証明書が配置されているフォルダーを指し示しているだけです。証明書が実際にこのフォルダーにコピーされていることを確認する必要があります。3 つの証明書の名前は、root_cert.pemsse_client_cert.pemsse_client_key.pem とする必要があります。許可されているのは相互認証のみです (サーバーとクライアント間の認証)。
注: 証明書のファイル パスは任意で設定することになっていますが、省略した場合、安全でない通信が呼び出されます。
<RequestTimeout> 整数値 (秒)。オプション。既定値は 0 (無期限) です。メッセージ経過時間のタイムアウト。
<ReconnectTimeout> 整数値 (秒)。オプション。既定値は 20 (秒) です。クライアントが、プラグインへの接続が失われてから再接続を試みるまでの時間。
  1. After saving the changes in the Settings.ini file, restart QlikView. Now you can use the analytic connection by adding it through the Edit Expression dialog or the Load Script dialog.

Restrictions in using Analytic connections

Analytic connection functionality (configuring a server-side extension) is disabled when creating a new shared server object.

When an existing sheet object containing a server-side extension (SSE) expression is copied, the chart property editor is automatically disabled. This means that the chart properties are no longer editable.

Examples

The following examples show how to set a server-side extension (SSE) plugin. Here, a Python plugin is used and one or multiple servers are defined.

  • One SSE plugin server: SSEPlugin=SSEPython,localhost:50051
  • Two SSE plugin servers: SSEPlugin=SSEPython,localhost:50051;R,localhost:50053
  • One SSE plugin server is defined without certificate path but with timeouts set: SSEPlugin=SSEPython,localhost:50051,,0,20