日本語 QlikView 12.10

項目グループ

QlikView と OLAP ツールなどのその他の多くのデータベース ビューアーの主な違いとして、QlikView では入力データの階層を事前定義する必要がありません。QlikView 固有の内部ロジックでは、完全な軸として任意の項目に任意の順序で自由にアクセスできます。ほとんどの目的において、この自由度はきわめて強力です。

ただし、事前定義された階層は、より効率よくデータを表示するために役立つ場合があります。このため、QlikView には、項目のグループを定義する機能が用意されています。グループは、階層 (ドリルダウン) または非階層 (サイクリック) で作成できます。

グループは、[ドキュメント プロパティ] ダイアログの [グループ] ページで作成されます。グループはチャートで使用することができ、の軸ドロップダウン ボックスの項目の有効な項目と共に表示されます。

任意の項目をグループ化することができます。

ドリルダウン グループには、アイコンが表示されます。

サイクリック グループには、アイコンが表示されます。

階層グループ (ドリルダウン)

複数の項目が自然階層を形成する場合は、ドリルダウン グループを作成することが適しています。一般的な例として、次のような階層グループがあります。

Time:Year、Quarter、Month

または

Geography: Continent、Country、State、City

ドリルダウン グループをチャートの軸として使用する場合、チャートは、複数の絞込値が存在する項目のグループ リスト内の最初の項目を使用します。項目が複数の絞込値を含む場合、選択によって項目に 1 つの絞込値だけが存在する場合は、代わりにリスト内の次の項目が使用されます。複数の絞込値を含む項目がリスト内に存在しない場合は、最後の項目が使用されます。

上記の最初の例では、1 つの年が選択されるまでは、Year がチャート軸として使用されます。次に、チャートでは Quarter が表示されます。1 つの四半期が選択された場合、チャートは Month に切り替えられます。

選択が解除され、グループの項目リストの上位の項目で複数の値が有効になると、チャートは自動的にドリルアップし直されます。強制的にドリルアップするには、チャートのドリルアップ アイコンをクリックします。