Qlik NPrinting の拡張

Qlik NPrinting が提供する REST API により、QlikView ユーザー インターフェース (On-Demand) やサードパーティーが開発したソフトウェアなど、他のソフトウェアからレポートを生成できます。

ユーザー設定

Qlik NPrinting の管理者は、Windows NTLN 認証を持つ API ユーザーを構成する必要があります。これは、ユーザー プロファイルに <Domain>\<Username> の形式でドメイン アカウントを追加することで行います。Qlik NPrinting ユーザーは、各自のプロファイルに定義されたアクションのみを実行できます。たとえば、アプリのリストでは、接続されたユーザーが承認されたアプリのみが表示されます。接続されたユーザーが承認されたアプリがない場合、エラー メッセージまたは空のリストが表示されます。

必須ロール

[ロール] 管理ページで On-Demand レポートの権限を設定します。

  • 作成: ユーザーは API を使用してレポートの作成を要求できます。

API はすべてのユーザーとロールに対して常に有効です。API を無効にすることはできません。

レポート設定

API を使用してレポートを実行するには、[On-Demand を有効にする] チェックボックスが選択されている必要があります。

API の機能

使用可能な API は、On-Demand レポートの実装を可能にするユーザー インターフェイス機能のサブセットです。そのため、On-Demand アドオンは API を使用します。

Qlik NPrinting API を使用することで以下のことが可能です。

  • 使用可能なすべてのアプリおよびその説明のリストの取得。
  • 使用可能なすべてのレポートおよびその説明のリストの取得。
  • 使用可能なすべてのフィルターおよびその説明のリストの取得。
  • On-Demand 機能の使用。

リストはユーザー の権限に基づいてフィルター処理されます。たとえば、アプリのリストには、そのユーザーが表示を許可されているアプリのみが含まれます。

要求と応答の詳細

すべての API 要求には、別の指定がない限り、content-type application/x-www-form-urlencoded が必須です。

応答はすべて JSON 形式です。

すべてのエンドポイントは HTTP OPTIONS 動詞をサポートし、Qlik NPrinting Server 設定に基づいて正しい CORS (クロス オリジン リソース共有) ヘッダーで応答が返されます。

日付と時刻の書式設定

Qlik NPrinting API は要求および応答で ISO 8601 (RfC 3339) 日時書式をサポートします。

開発者向け詳細ドキュメント

開発者向けの詳細な Qlik NPrinting API ドキュメントが提供されています。

参照先: Qlik NPrinting API リファレンス